2020年03月28日

京田辺市で感染を確認。南山城村へ応援。

 昨日の閉会本会議の時点で、京田辺市では新型コロナウィルスの感染は確認されていないと書きましたが、その日の夕方に、京都府は京田辺市で感染を確認したと発表しました。
 発表の時には私はまだ市役所の議員団控室に残って作業をしていましたが、その直後に「午後5時45分から京田辺市の対策本部会議を開きます」と庁内放送がかかりました。市当局に京都府から正式に情報が届いたのは午後5時半だそうで、それを踏まえて緊急の対策本部会議が開かれたものです。

 京田辺市では近隣市で感染が確認された3月5日に、それまでの「情報連絡会議」から市長を責任者とする「対策本部」へと移行していました。それから3週間、京田辺市で感染は確認されていませんでしたが、近隣市ではこの間、数件の感染が確認されていました。また、京田辺市は京都、大阪のベッドタウンとして発展してきた町でもあり、京都市、大阪府で感染が広がれば、京田辺市でも感染が確認される可能性は高いと思っていましたが、やはり衝撃を感じました。

 京田辺市HPには昨日のうちに、新型コロナウィルスの感染確認を踏まえて、市長から市民への呼びかけ「市民のみなさんへ」が掲載されました。短い文章ですが、京都府と連携して適切に対応していくと述べるとともに、京田辺市の方針や、感染防止のために手洗いの徹底や、咳エチケットなどの協力を市民に訴えられています。市民に冷静な対応を呼びかけられており、多くの方にお読みいただければと思います。
DSCN00680002.jpg

 今日は明日、投票日を迎える南山城村議選の応援に行ってきました。村議選は定数10に11名が立候補する少数激戦で、日本共産党は必ず2議席を獲得するために奮闘しています。私は現職の鈴木かほるさんの応援に行き、地元の方と一緒に山あいの地域を回りました。
DSCN00660001.jpg

 南山城村もお茶の生産が盛んで、いたるところで茶畑を見ました。きれいに整えられた茶畑の眺めは見ていても気持ちがいいですね。また回っている最中に雉のつがいを見ました。とっさの事でズームする暇がなく、下の写真は雉のところを拡大したものです。写真ではわかりにくいですが、鮮やかな羽の色がきれいな雄の雉です。写真には写りませんが、雄の少し先には体が少し小さい雌の雉もいました。
南山城村・雉.jpg

 実は少し前にも京田辺市の北部を散歩中に、田んぼにいる雄の雉を見たのですが、その時はあっという間に飛び去ってしまいました。今日は車の中で見つけたので、直には飛び去らなかったようです。天気は今一つでしたが、いいものを見たな、と気分の良い南山城村の応援でした。

posted by こうじろう at 16:22| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: