2020年05月22日

ツバメの卵まわし?黒川氏辞任にあきれた声。

DSCN02640001.jpg

 今朝は松井山手駅で定例の早朝宣伝でした。昨夜は急に涼しくなった感じがし、今朝も、曇り空と多少の風もあったので、この間と比べると涼しかったです。ただ時折、日がさすとちょっと暑さを感じます。最近は日中が夏のような暑さだったので急に涼しくなると、肌寒さまで感じて体調管理に気をつけないといけませんね。

 ツバメの巣では変わらず抱卵が続いています。宣伝しながら時々、見ていると上の写真のように巣のふちに止まって、巣の中にくちばしを突っ込んでいるような仕草をよくしていました。雛にエサをやるには早いようだし、突っ込んでいるのもちょっとの間で直に巣でじっと抱卵しているので、雛が孵っているのではないようです。ひょっとしたら、巣の中の卵をくるくる回しているのかもしれないですね。

 松井山手駅では構内にもツバメの巣があるので、いつも数羽のツバメが飛び交いますが、つがいのツバメは相方がすぐにわかるらしく、巣の近くまで来ただけでぱっと交代していく時があります。はたから見ていると、ツバメはみな同じに見えますが、つがいだとすぐにわかるらしいです。

 5月も下旬にさしかかり、しんぶん赤旗の集金にも取り組み始めました。マスクをして、時節柄あまり長話もできませんが、それでも検察庁法改定案への怒りや、黒川氏の辞任へのあきれた声も出されます。特に黒川氏の辞任については、賭けマージャンそのものへの批判とともに、その相手が新聞記者だったことから、「賭けマージャンをしながらの取材でいったいどんな記事が書けるのか、相手に都合のいいことしか書けないんじゃないか」というきびしい声も出されていました。私もまったくその通りだと思います。
posted by こうじろう at 18:01| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: