2020年05月23日

新型コロナウイルス 緊急事態宣言解除を受けた京田辺市の対応

 21日、政府は京都府、大阪府、兵庫県の緊急事態宣言を解除しました。これを受けて、昨日、京田辺市の対策本部会議が開かれ、市の対応などが打ち出されました。ただ、引き続き、いわゆる「3密」の回避や、社会的な距離をとる事、手洗いの徹底やマスクのできるだけの着用などの感染防止策をしっかりとることが基本となります。

 学校関係の対応については先週、お知らせしたとおりで6月に入ってから、幼稚園、小学校、中学校のそれぞれで始業式、入学式等が開かれます。今の時点では夏休みを短縮する方針が示されている他、小学校は6/3まで午前中のみの授業で6/4から給食の開始、6/10から通常授業の予定です。中学校では部活動は6/8から開始で、当面は自校内での実施だけで対外試合等は中止するようです。週明けの25日に校長会議が開かれ、今後の行事等については協議されます。

 住民センターや中央公民館、中央体育館など、現在、休止中の市のさまざまな施設は基本的に6/1から再開されます。(通常、月曜休館となっている施設は6/2から再開)ただ、これらの施設も感染防止策をそれぞれとる他、貸館なども定員の半分までの利用に限ることや、施設の一部については引き続き利用中止となるものなどがあります。

 老人福祉センターでは入浴施設やカラオケルームは引き続き利用中止で、屋内では休憩のみ、屋外のグランドゴルフやゲートボールの利用のみというところもあります。中央図書館も開館しますが、1回あたりの利用を30分にするなどの制限を設けるそうで、詳しくは、それぞれの施設のHPなどを参照してください。

 宣言解除を受けて、ほっとする反面、本当に大丈夫なの?という不安もあります。だからこそ、検査体制の抜本的な拡充や、いざという時のための万全の医療体制の確保が必要です。今の時期こそ、これらの課題にしっかり取り組むことが必要ではないかと思います。

 昨日は少し寒さを感じるくらいでしたが、今日はうって変わって暑い日となりました。車の温度計は30度近くまで上昇しており、これだけ暑いとマスクをしているのがちょっとつらいですね。
posted by こうじろう at 17:02| Comment(0) | 市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: