2020年06月02日

ツバメの雛は5羽でした

DSCN02920001.jpg

 今朝は松井山手駅で定例の早朝宣伝でした。駅を利用する人も5月半ば頃に比べると多くなっていますが、それでもバス停での人の並び具合を見ていると、以前ほどには長い列にならず、まだ新型コロナウイルスの影響はあるようです。

 先週の火曜日の早朝宣伝の時に雛が孵っていることに気がついて1週間です。先週は巣からほとんど見えないくらい小さくて、親ツバメが来ても鳴き声も聞こえませんでしたが、今日は反対側にいても雛が餌を求めてなく声がよく聞こえました。
 宣伝の後でしばらく巣の様子を観察していましたが、羽毛も生えてきて少しずつツバメらしくなっています。孵ってから1週間でずい分、育つものですね。

 ところで、あらためて観察すると、雛の数は4羽でなく5羽、いました。普段は1羽は奥に引っ込んでいるようですが、親ツバメが来ると餌を求めてみなが背伸びします。一番上の写真はちょうど親ツバメが餌をやってまた飛び去った直後ですが、黄色いクチバシが5つ並んでいます。
DSCN02900001.jpg

 観察している最中に、1羽の雛が巣の中で向きを変えて器用にフンを巣の外にしていました。誰に教わるものでもないと思いますが、きちんと巣の外へするのだから賢いものですね。
posted by こうじろう at 17:34| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: