2020年06月14日

明日に向け休日の市役所で一般質問の準備

DSCN03770001.jpg

 今日は日曜日ですが、午後から市役所の日本共産党議員団控室に行って、明日の一般質問の準備をしていました。この6月議会では、私の一般質問は3日目で、通告してから2週間以上たっています。この2週間、いろいろと資料を集めたり、組み立てを考えたりしながらちょっとずつ準備をしてきました。

 特に今回はどういう論点で市当局と議論するのかをよく考えるようにしました。京田辺市議会の一般質問の持ち時間は、答弁時間も含めて1人1時間と決まっています。ただ今回は新型コロナウイルス対策で1時間に1回、10分間の換気のための休憩をとることもあって、それぞれの議員ができるだけ効率的な質問となるよう心がけ、時間も50分をメドにしようと話し合っています。

 私はこれまでの一般質問では大体、時間一杯までやっていますが、それでも時間が足りないと思う時があります。ただその時には、いい議論ができてなお時間が足りなかったと思う時もあれば、少しくどくなったり空回りするような議論になって時間が足りなかったと思う時もありました。

 もっと的確に整理すれば、より実りのある議論もできたのではないかと反省することもあるので、今回はその反省を踏まえて、論点をよく整理して質問に望みたいと思います。

 3月議会は新型コロナウイルスの影響で一般質問が中止となったので、昨年12月議会以来の半年振りの一般質問です。私も議員になって14年目で、3月議会以外のすべての定例議会では一般質問にたってきて、50回を超えてました。それだけやっているのだから少しは慣れていると思うのですが、それでも質問の前日はしっかり準備できただろうか、良い議論ができるだろうかと気になりますね。
posted by こうじろう at 18:13| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: