2020年06月27日

ツバメが抱卵開始。委員会室と会議室。

DSCN04200001.jpg

 昨日の朝は松井山手駅の東側で、定例の早朝宣伝に取り組みました。東側にあるツバメの巣は、火曜日の宣伝の時は空でしたが、どうやら抱卵が始まったようです。ただ、いつも1時間くらい宣伝するのですが、昨日はその半分くらいは巣にいませんでした。まだ始まったばかりで余裕があるのかもしれないですね。上の写真は、たまたま2羽のツバメが巣に帰ってきたところで、この2羽がつがいなのでしょうか。
DSCN04220002.jpg

 ところで昨日の議会運営委員会は、常任委員会や予決算特別委員会等を開く委員会室(上の写真です)で開かれました。これまでは、議会運営委員会は会議室(下の写真です)で開いていました。議会運絵委員会の委員は今は9人で、これに議会事務局と市長など市側の出席者が3名で、16、7人くらいの出席者があり、大きな楕円形のテーブルを囲んで開いています。他に傍聴者がいれば、ほぼ部屋一杯になります。
DSCN04240003.jpg

 それでこの6月議会では、新型コロナウイルス対策の一環で、できるだけ広い場所でやろうということで、議会運営委員会は委員会室で開いています。会議室の方は使わないわけではなく、各常任委員会の協議会など、10人くらいまでの出席者ですむような時は使っています。

 また委員会室と会議室では、音響設備、録音設備の有無にも違いがあります。委員会室では、委員会議事録などをきちんと作成するために、マイクを使い録音もできます。会議室には、そういう音響や録音の設備はありません。いつもはICレコーダーで録音して、それを元に会議記録などを作成しています。京田辺市議会の豆知識でした。
posted by こうじろう at 18:59| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: