2020年06月29日

横須賀市の議会ペーパーレス化の取組 議運視察報告2

DSCN12510002.jpg

 今日の記事は6月25日の記事「横須賀市の議会報告会 議運視察報告1」の続きです。

 横須賀市では議会のペーパーレス化の状況についても研修しました。横須賀市では02年より議会ICT化運営協議会(途中で名称変更あり)を設置し、02年には議会LAN構築と本会議・委員会審議のインターネット中継などの「議会IT化基本計画」の取り組みをされています。そして16年8月には、それらを発展させるために「議会ICT化基本計画」を策定されました。

 この「議会ICT化基本計画」は@市民への情報発信の拡充、A情報セキュリティ向上の促進、B議員出退掲示板の電子化、C議会内のペーパーレス化の促進、の4つの柱で進められており、議会運営員会のインターネット中継の開始などもされています。

 そして議会のペーパーレス化では、インターネット上のサービスの一種である「ペーパーレス会議システム(文書共有システム)」の「moreNOTE」(富士ソフト株式会社)と契約を結び、議員全員に2in1パソコン(画面とキーボードが取り外し可能で画面はタブレットとしても使用できる)を貸与して、18年度から導入、運用をされています。

 システム導入の経費について、初期経費が4.5万円で、それ以降の運用経費、富士ソフト株式会社に支払う保守業務委託料として年間約20万円とのことで、ペーパーレス化による効果として、紙削減枚数が年間約32.5万枚、削減経費は印刷経費や作業効率化で年間約190万円と推定されています。

(この項は終わり)
posted by こうじろう at 17:48| Comment(0) | 議会の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: