2020年06月30日

子どもの学習保障へ国の支援充実求める意見書案は否決に〜6月議会が閉会

20年6月議会議員別態度一覧.JPG

 今日は午後に京田辺市の6月定例議会の閉会本会議が開かれました。今日の本会議は、人事案件の同意や、各議案、意見書案などの採決だけなので1時間程度で済みました。議案についてはすべて総務常任委員会で審議したもので、討論もなく5本すべてが全会一致で可決しました。

 新型コロナウイルス対策を盛り込んだ20年度一般会計補正予算案3号及び4号については、自民一新会の議員が賛成討論を行いました。その内容は、市独自の新型コロナウイルス対策などを評価する一方で、北陸新幹線の新駅設置について、国などが決めた松井山手駅周辺ではなく、京田辺市独自に将来のまちづくりを見すえて、新駅設置位置を提案していくべきだが、今回の補正予算にはそのための予算が盛り込まれていない、と批判するものでした。

 市当局が提案した補正予算案に対して、不足しているものがあると批判することは構わないと思いますが、討論全体の分量からするとそれが半分以上を占めており、それだったら、それを理由にして反対した方がいいのではないかと思いました。また今の時期に北陸新幹線推進に積極的に力を割くように迫るのはどうかと思います。

 意見書案では、私は日本共産党議員団が提案した子どもの学習保障へ国の支援充実を求める意見書案の提案説明にたちました。提案説明は普段なら、意見書の案文を読み上げて終わることが多いのですが、今回は会派間協議の場で「国の第二次補正予算に盛り込まれているものもある」などの意見が出されたので、それに対する見解などを述べた方が良いと考えて、短いですが以下のようなポイントで説明しました。

<意見書案提案説明のポイント>
・学校などの3ヶ月の臨時休業は、子どもたちにも大きな影響を与えた。また、これからも新型コロナウイルスの第2波の感染に備えた取組み、つまり一人一人の子どもの状況に即した、柔軟で手厚い教育が必要であり、そのために1クラス20人程度とする少人数クラス編成が不可欠。

・現状はそれには程遠い。京田辺市でも今年度、小学校1年生で37人で1クラスとなったり、35人、34人というクラスが生じている。これでは教室で十分な間隔を取ることも困難だし、教員が子ども一人一人の実情に即して対応するのも難しい。

・政府は第2次補正予算で教員の加配のための予算を計上したが、それは全国で3100人分にとどまっている。小中学校10校に1人程度で、京田辺市で1人か2人という水準。これを抜本的に引き上げる事が必要。

・また第2波の感染に備え、学校・教員、そして各家庭をオンラインで結ぶ事も必要。国の第2次補正予算では、モバイルルーター147万台の予算が計上されたが、通信料の負担は自治体の裁量に任されており、自治体ごとの格差も懸念される。

・また学校でインターネット接続環境の整備などを行うための人的配置も不可欠。他にも子どもの支援や消毒作業の支援など、学校支援員も必要だが、その予算も第2次補正予算に含まれたとはいえ、人数も不足し、その待遇面にも課題があり、この点でも自治体ごとの格差が予想される。

・それらの状況を改め国の責任において、全国すべての小中学校で、柔軟で手厚い教育、そしてオンライン環境の整備をはかるために、国の教育関連予算の大幅な増額が必要であり、そのための声を意見書として、市議会から政府に届けよう。

 しかし採決では、賛成は共産党と女性議員の会にとどまり、反対が多数で否決となりました。残念ですが、これからも国の教育予算の増額をめざしてがんばりたいと思います。

 もう一つの意見書案、「新型コロナウイルス感染症に係る緊急経済対策求める意見書」は全会一致で可決しました。
 また各議案等への議員別の態度一覧は上の表の通りでそのPDFファイルはこちら⇒20年6月議会議員別態度一覧

 なお農業委員会委員全14人の同意案件の採決は、1人1人個別に行われ、議長から「ご異議ございませんか」と諮る簡易採決で、「異議なし」となると個々の議員が賛否を示す電子表決による採決はありません。南部議員は14人の採決の折、途中、5人目の方の採決から議場を退席し、棄権しています。なので表では一括して「棄権」としています。
posted by こうじろう at 17:53| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: