2020年07月19日

戦争法を廃止して憲法にもとづく政治を〜19日宣伝で訴え

DSCN04960001.jpg

DSCN04970002.jpg

 今日は19日宣伝の日でした。京田辺市では毎月19日、場所を変えながら宣伝を続けています。今回は三山木地域の二又交差点での宣伝行動に取り組み、同僚の岡本りょういち市議や、先輩の水野恭子元市議、横山栄二前市議など14名の方が参加しました。

 私もマイクを握り訴えました。今日は改めて、戦争法が何故、憲法違反の法律なのかということを指摘した上で、コロナ禍から国民の命と健康、暮らしを守る上でも、国民の生存権の保障や、個人の尊重、幸福追求権を国の責務としてはっきり位置付けた、日本国憲法にもとづく政治をすすめることがますます大事になっていること、だからこそ憲法違反の戦争法制をきっぱり廃止して、近代政治の大原則である立憲主義を取り戻そうと呼びかけました。

 今日は雲が多かったとはいえ、久しぶりに青空が見えて太陽が照りつける一日でした。ようやく梅雨明けを間近に感じさせる天気でしたが、その分、とても暑い一日となりました。19日宣伝は午後4時から5時までの1時間で、幸いその時間帯は太陽が雲に隠れていて、帽子を忘れていましたが、がんばることができました。これからの季節の宣伝には帽子も欠かせませんね。
posted by こうじろう at 18:03| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: