2020年07月20日

京都府の日本共産党地方議員研修会

 今日の午後、京都市内で京都府内の日本共産党地方議員研修会が開かれ、参加してきました。京都府の日本共産党議員は100人以上おり、ほぼ毎年、夏か秋に一泊二日で研修会があります。しかし今年は新型コロナウイルスの影響もあって、一泊二日形式での研修会は取りやめ、いつもの日程を3つくらいに分けて、夏から秋にかけて開きます。

 今日はその最初の日でしたが、今日も新型コロナウイルス対策で、全員が一つの部屋に集まるような全体の会議はもたずに、十数人程度のグループに分かれて、各会場で、党京都府委員会の提起などを踏まえ、日頃の活動などについて議論と交流をしました。

 私の参加した分散会では、北は京丹後市の議員から南は木津川市の議員まで参加しており、各地で日本共産党の議員が議会の内外で奮闘している様子がよくわかりました。また議論では、志位和夫委員長の7月15日の党創立98周年記念講演「コロナ危機をのりこえ、新しい日本と世界を−改定綱領を指針に」の感想なども交えて、コロナ禍を乗り越えた新しい社会をめざそうという呼びかけも話題になりました。

 7月に入って東京都だけでなく京都府でも日々の新型コロナウイルスの感染確認が広がる状況があり、感染予防には前にもまして注意を払い、マスク着用やこまめな手指の消毒にも気を使いながら、この7月も実りある活動ができるようがんばります。
posted by こうじろう at 19:32| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: