2017年06月23日

ツバメの巣はリフォーム中?

DSCN44770002.jpg

 今朝は松井山手駅で定例の早朝宣伝に取り組みました。今朝のツバメの巣は、上の写真のように、ふちの上が巣作りのときのように濡れているので、雛が巣立った後にふちを修理しているのか、補強しているのか、上積みしているのか、よくわかりませんが、つがいのツバメが熱心にリフォーム?をしていました。
DSCN44710001.jpg

 上の写真はたまたま2羽のツバメが同時に巣に帰ってきた時です。2羽がそれぞれ巣材をくわえて行ったり来たりしているのですが、よく見ていると1羽のツバメは巣に帰ってくると1、2分は巣の中でごそごそしていますが、もう1羽は巣に帰っても直に飛んでいきます。もしかしたら巣材集めとリフォームするのを分担しているかもしれないですね。

 今朝の早朝宣伝は巣のある方の側で日本共産党のビラ配布をしていたので、時たまツバメの巣の様子を見ていて、2羽そろったりして人の流れが途絶えたらすかさずカメラを構えます。
 何だか早朝宣伝に来ているのか、ツバメの観察に来ているのかわからなくもないですが、見ていて楽しいものです。早朝宣伝が終わった後は4、5分くらいは眺めていますが、その際にたまたま巣の中でかっこよく羽を伸ばすツバメの写真が撮れたので紹介しておきます。
DSCN44840004.jpg

 ところで20日の記事で、上の巣のあるのと反対側にある防犯カメラでも新しい巣作りがはじまったことを紹介しましたが、今日の様子を見る限りではそちらの巣の方は放棄されたみたいです。
 下の写真が今朝の写真ですが、20日の写真と比べてみてもほとんど進んでいないですし、今朝も見ている限りではこちらの方にツバメが飛んでいく事はなかったです。
DSCN44810003.jpg

 ひょっとして雛がなかなか巣立たないので、次の子育てに向けて巣をつくり始めた矢先に巣立っていって、その巣が空いたのでリフォームして再利用しているのでしょうか。それとも巣立った雛の親ツバメとは関係ない、別のつがいが巣をつくり始めたすぐ近くに空いた巣が出来たので、そちらに乗り換えてリフォームしているのでしょうか。
 いずれにせよ、この調子だと巣作りが落ち着いてからまた抱卵、孵化、子育て、巣立ち、のサイクルが見れそうです。
posted by こうじろう at 18:54| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

便利で役に立つ全国商工新聞

DSCN36820001.jpg

 上の写真は、全国の中小業者のみなさんが、自らの営業と暮らしを守るために組織されている「民商」が発行している機関紙「全国商工新聞」です。私も知り合いの民商会員の方に勧められて、定期購読しています。

 週1回発行で税金のことや地方自治体と地域経済の関わり、国保のことなど結構勉強になることもあります。また議会論戦にとっても参考になる記事も多いです。

 最近では、マイナンバー制度に関わる議会質問を準備する時には、特に便利で参考になりました。制度の解説も勉強になりますが、それ以上に役に立つのは全国の民商会員さんがその活動の一環として、それぞれの地方自治体へ申入れや交渉などをされて、その内容を紹介された記事でした。
 それを読みながら、「なるほど、そういう論点があるのか。」「こういう追及の仕方をすれば良いのか」と参考になったことがたくさんありました。

 特に住民税特別徴収税額通知書へのマイナンバー記載をめぐっては、4月10日付の全国商工新聞で、総務省がQ&Aの形で地方自治体に対して「番号不記載や一部不記載(アスタリスク*表示を含む)することは認められていません」と執拗にマイナンバー記載を求めている動きなども報道されており、あきれるとともに怒りを覚えました。

 先日、京田辺市で住民税特別徴収税額通知書の誤送付が発生し、担当部課長から報告を受けた際に「問題の背景には必要もないのに『通知書』にマイナンバーを記載したことがある。全国的には『通知書』にマイナンバーを記載しない自治体が広がっている。」として、全国商工新聞に記載された記事(5月29日付)を使って具体的な自治体名を紹介したら、「そんなにあるんですか」と話していました。

 勉強にもなるし、税に関わる問題点、マイナンバーのこともよくわかるので、これからもしっかり役に立てていきたい新聞ですね。
posted by こうじろう at 18:07| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

ツバメのヒナが4羽に?

DSCN43370002.jpg

 今日は松井山手駅で定例の早朝宣伝に取り組みました。最近は宣伝の後にしばらくツバメの巣を観察するのが日課のようになっていますが、今朝、しげしげと見つめていると雛が4羽しか見えませんでした。先週金曜の定例早朝宣伝の後に確かに5羽いたとはずなんですが、4羽しかいません。

 上の写真で4羽並んでいる、その後ろの方からもう1羽の雛が伸び上がっていたと思うのですが、今朝はそういう光景は見られませんでした。ひょっとして上手く育たなかったか何かあったのかもれ知れないですね。

 今朝は4羽の雛が、いつもよりも向かって右側に少しずれている感じがします。前は防犯カメラの側面に並んでいたと思うのですが、それがかなり背面の方に回っていますね。
 どうも下の写真のように親ツバメが巣で休む際のスペースを確保するために雛がずれていったのかなあとも思いますが、どうなんでしょうか。
DSCN43350001.jpg
posted by こうじろう at 17:51| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

ツバメのヒナは3、4羽?

DSCN42720002.jpg

 今日は松井山手駅で定例の早朝宣伝です。今朝もツバメの巣の様子をちらちら見ながらの宣伝です。先週金曜日の朝は、雛はいたもののまだ孵化していない卵もあるのか、巣で抱卵をしているような様子もありましたが、今朝はすべての卵が孵ったらしく、親ツバメは巣にじっとしていることはなく、頻繁に巣に出入りして雛に餌を与えているようです。

 早朝宣伝は8時までなので、宣伝した後にしばらく様子を見ていました。だいたい2、3分おきに巣に戻ってきて、雛に餌を与えています。上の写真はその瞬間を上手く撮ることができました。写真を見る限りでは3羽から4羽の雛がいるようです。

 ただ雛はまだ小さくて、親ツバメがいないときは巣にすっぽり隠れています。下の写真が親ツバメがいないときの写真で、離れたところからズームをしていますが、かろうじて巣のふち辺りに柔らかそうな毛に包まれた頭とくちばしの先がちょっとだけ見えます。
DSCN42680001.jpg

 親ツバメがいない時はたまにごそごそしますが、大概はじっとしていて親ツバメが戻ってくると一番上の写真のようにいっせいに体が伸び上がってきて餌をねだっています。他のところで見かけるツバメの巣の雛はかなり大きくて、親ツバメがいなくても十分、巣からはみ出そうになっているものもあります。松井山手駅の雛もすぐにそのくらいの大きさに育っていくのでしょうかね。
posted by こうじろう at 18:30| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

ツバメの巣で孵化!ヒナがいました

DSCN42610002.jpg

 今朝は松井山手駅で定例の早朝宣伝です。このところ早朝宣伝ではツバメの巣が気になって、そわそわしながらの宣伝ですが、今朝は前に比べると巣で抱卵している時間がかなり短くなったし、巣への出入りも多くなり、しかも帰って来た際にはすぐに巣に入って抱卵するのではなく、しばらく巣のふちに止まってなにやらしていました。

 それでますます気になって、時おり眺めていると巣の中に雛がいるようで親ツバメが帰ってふちに止まっている時に、くちばしを伸ばした雛に餌やりをしている様子が確認できました。見上げるところに巣がありますが、少し離れるとかろうじて巣の上部が見え、下の方からくちばしが伸びてきていましたね。

 ブログの過去の記事を見ると、4月28日に「ツバメの巣作り」を掲載し、5月12日に「ツバメの抱卵開始?」を掲載しています。だいたい2週間くらいで孵化したようです。
DSCN42590001.jpg

 ただ雛に餌をやった後に親ツバメはすぐに巣を離れるのではなく、そのまま巣に入って抱卵のような姿勢も続けています。前に比べると抱卵しているような時間は短いようですし、上の写真のように巣へ入り方もかなり浅い感じです。前は抱卵している時は巣の中にすっぽり入っていたと思うので、ひょっとしたらまだ孵化していない卵も残っているのかも知れないですね。

 ここのツバメの巣が気になって以来、他のところでもツバメの巣を見かけるとしばらく眺めるようになりました。松井山手駅横のスーパーにもツバメの巣がありましたが、そちらは早くから卵を産んでいたのか、親ツバメとそう変わらないくらいに大きくなった雛鳥が3,4羽、巣にひしめいていました。ここでもそんな光景がみられるのが楽しみです。
posted by こうじろう at 18:34| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする