2019年10月21日

定数2の精華町議補選で日本共産党が勝利

DSCN06510002.jpg

 昨日、投開票で行なわれた精華町の選挙では、投票率が41.2%で、定数2となった町議補選で日本共産党のつぼい久行さんが2位で当選し、日本共産党の議席を3から4へと増やすことができました。急逝された日本共産党町議の議席を取り戻すことができて良かったです。

 町議補選では自民党の推薦を受けた二人の候補と3人の争いとなりましたが、つぼいさんは7月の参院選での日本共産党の比例票(1892票)を倍以上に伸ばして、4043票、得票率33.7%を獲得しての堂々の2位当選です。定数2の選挙で自民党に独占を許してはならないという多くの町民の願いが託されたのではないかと思います。

 町長選では、日本共産党も参加する精華民主町政の会が擁立した竹川ますおさんは、勝利する事はできませんでしたが、2686票、得票率22.2%を得て健闘されました。町長選では、町議会議長を辞して立候補した杉浦氏が6434票を得て当選しました。新聞報道によると杉浦氏は、自民、立憲民主、国民民主各党の推薦と公明党を支持を受けたオール与党体制だったそうですが、支持を表明した町議は半分に留まったとのことです。
DSCN06430001.jpg

 今日の夜には、日本共産党山城地区委員会の報告集会があり、当選したつぼいさんや、町長候補として健闘した竹川さんも駆けつけられました。つぼいさんが勝利した町議補選では、日本共産党以外の町議の方も応援に駆けつけられたそうで、自民党に対する批判の広がりを感じさせる選挙結果でした。
posted by こうじろう at 21:34| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

消費税増税に伴う様々な値上げ

DSCN04300001.jpg

 来週から10月に入ります。安倍内閣、自民・公明両党は、10月からの消費税10%増税の強行の前に、国会で本当に今、消費税増ができる状況なのか、国会で審議すべきだという日本共産党をはじめとした野党の一致した要求に背を向けたままです。

 そしていよいよ10月が目前になって、様々な料金や価格の引き上げの告知が目に付くようになってきました。私が良くいく食堂でも10月から値上げの告知がされた事を以前に紹介しましたが、それ以降も、例えば上の写真にあるようにJR西日本も10月からの運賃改定について16ページのパンフレットを作って丁寧に説明しています。

 これ以外にも京田辺市の公式HPを見ているとこの間、「消費税増税に伴う動物死体処理手数料の改定について」、「京田辺市の上下水道料金について(消費税10%対応版)」、「消費税法改正に係る新田辺駅東自転車駐車場の料金改定について」、など消費税増税に伴う各種引き上げの告知がされています。

 ここでも紹介したような子育て世代の家庭の暮らしのきびしさや実質賃金の目減り、年金減額と将来への不安などが山積している時に、これらの値上げが住民に襲いかかるなどとんでもないことです。さらにこれだけ値上げを突きつけられれば、国民の消費もさらに落ち込んで日本経済にも深刻な打撃を与えるのではないでしょうか。まさに無謀な消費税増税は今からでもきっぱりと中止すべきです。
posted by こうじろう at 21:05| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

大住中運動会は雨で延期。やましろ民商が会員拡大で奮闘。

 今日は松井山手駅で定例の早朝宣伝に取り組みました。朝目が覚めたときから、小雨がずっと続き、7時からの宣伝中も弱い雨で、宣伝しながら「今日は大住中学校の運動会だけど、これは無理かなあ」と思っていたら、7時半頃に教育委員会から、雨天のため今日は中止として、来週18日に延期すると連絡がありました。

 楽しみにされていた方や、今日のために都合を合わせた方には残念な事だと思いますが、雨のためとあってはどうにもなりません。宣伝中は大住中の生徒たちも登校していましたが、普通の制服姿でしたね。

 雨は午前中も降り続けたので、私も「しんぶん赤旗」日曜版の配達をやめて、来週の総務委員会の審議準備などをしていました。午後から雨が上がったのですが、日本共産党市議団の会議があったので、日曜版の配達は明日になりました。

 議員団会議では来週の各常任委員会に向けて、提出されている各議案の賛否について議論して確認しました。今回は、市職員のあり方にかかわる複数の議案や、10月からの「幼保無償化」に関する複数の議案など、重要な中身の議案が多いです。国の法改正や制度改正に伴うもので、中には市の条例の根拠となっていた国の法律そのものが改正されたために、市条例を改正せざる得ないものもあります。

 その場合でも、国の法改正や市条例の改正などが住民の利益から見てどういう意味をもつのか、いろいろな角度から議論しました。単純にプラス、マイナスだけで割り切れないものもあり、党議員団としてどういう審議をしていくのかということも議論しながら賛否を相談しました。議論をする中で、審議の新たな論点に気がついたりすることもあるので、それらを忘れないようにメモしながら議論しました。今日の議論も踏まえて審議準備を進めようと思います。
DSCN03940001.jpg

 夕方には家の方に、民商の機関紙「全国商工新聞」の最新号が届いていました。今週の記事の中に、地元の「やましろ民商」が会員を増やして奮闘している様子が紹介されていました。顔見知りの会長さんや事務局の方の写真付きで、地道に努力して仲間を増やしていることがよくわかります。私たちも見習わないといけないですね。
posted by こうじろう at 18:49| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月30日

#KuTooは新しい女性労働運動

DSCN98340001.jpg

 日本共産党京田辺市議団では、資料として全国の農業委員会ネットワークが発行する「全国農業新聞」を購読しています。週1回発行で、農業に関連する様々な話題や情報が掲載され、参考にさせてもらっています。

 その6月21日付のコラムに「靴をめぐる新しい女性労働運動」という一文が掲載されました。筆者はジャーナリストで和光大学名誉教授の竹信三恵子さんという方です。以前にもここでこの方のコラムを紹介したことがありますが、今回の内容は、インターネット、SNSで広がっている「#KuToo」にふれたものです。

 「#KuToo」は、会社などで働く女性がヒールやパンプスなどの靴を履くことを強制されている現実に対して、それを辞めさせようという呼びかけです。筆者は新聞記者時代に靴に悩まされたことにも触れながら、働く女性にとって靴をどうするかは大事な問題である事も紹介しています。

 そしてその結びで「労働運動とは本来、身近な障害を取りのぞいて働く人たちを元気にするためのもの」と述べて、「#KuToo」運動は「新しい女性労働運動の芽生えかも」と結ばれています。

 読んでいて「なるほどなあ。大事な視点だなあ」と感心しました。誰もが安心して働ける社会にしていく、それを働く人たちが自ら求めて様々な運動を進めていく姿は、労働運動の新しいスタイルと言っていいものですね。
posted by こうじろう at 17:30| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

新緑の季節

KIMG00830001.jpg

 京田辺市では市役所5階が議会棟になっており、本会議場や委員会室、議員控室などがあります。東の端近くに議会事務局があり、いつもそこで控室の鍵をとってから西の方にある日本共産党の議員団控室に向かいます。

 その途中にロビーがあり、南向きに全面窓ガラスになっておりその窓から市役所南側にある山が良く見えます。ロビーは普段は節電のために廊下も含めて電気が消してあります。南側の全面窓ガラスがあるので暗くはないですが、天気が良く外が明るいと中なので少しくらいです。

 でもそのおかげで、ロビーを歩いて南側を見ると全面窓ガラスを通してみる外の景色が、まるで一幅の絵のように見えます。特に今は南側にある山の緑が美しくて、議員団控室に行く時にそこを通るのが楽しみです。一番上の写真は、今日撮ったものですが、暗い内側から明るい外を撮ったのでなかなか光の加減がうまくできませんでしたが、肉眼で見ると本当にきれいですよ。
posted by こうじろう at 20:07| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする