2019年09月13日

大住中運動会は雨で延期。やましろ民商が会員拡大で奮闘。

 今日は松井山手駅で定例の早朝宣伝に取り組みました。朝目が覚めたときから、小雨がずっと続き、7時からの宣伝中も弱い雨で、宣伝しながら「今日は大住中学校の運動会だけど、これは無理かなあ」と思っていたら、7時半頃に教育委員会から、雨天のため今日は中止として、来週18日に延期すると連絡がありました。

 楽しみにされていた方や、今日のために都合を合わせた方には残念な事だと思いますが、雨のためとあってはどうにもなりません。宣伝中は大住中の生徒たちも登校していましたが、普通の制服姿でしたね。

 雨は午前中も降り続けたので、私も「しんぶん赤旗」日曜版の配達をやめて、来週の総務委員会の審議準備などをしていました。午後から雨が上がったのですが、日本共産党市議団の会議があったので、日曜版の配達は明日になりました。

 議員団会議では来週の各常任委員会に向けて、提出されている各議案の賛否について議論して確認しました。今回は、市職員のあり方にかかわる複数の議案や、10月からの「幼保無償化」に関する複数の議案など、重要な中身の議案が多いです。国の法改正や制度改正に伴うもので、中には市の条例の根拠となっていた国の法律そのものが改正されたために、市条例を改正せざる得ないものもあります。

 その場合でも、国の法改正や市条例の改正などが住民の利益から見てどういう意味をもつのか、いろいろな角度から議論しました。単純にプラス、マイナスだけで割り切れないものもあり、党議員団としてどういう審議をしていくのかということも議論しながら賛否を相談しました。議論をする中で、審議の新たな論点に気がついたりすることもあるので、それらを忘れないようにメモしながら議論しました。今日の議論も踏まえて審議準備を進めようと思います。
DSCN03940001.jpg

 夕方には家の方に、民商の機関紙「全国商工新聞」の最新号が届いていました。今週の記事の中に、地元の「やましろ民商」が会員を増やして奮闘している様子が紹介されていました。顔見知りの会長さんや事務局の方の写真付きで、地道に努力して仲間を増やしていることがよくわかります。私たちも見習わないといけないですね。
posted by こうじろう at 18:49| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月30日

#KuTooは新しい女性労働運動

DSCN98340001.jpg

 日本共産党京田辺市議団では、資料として全国の農業委員会ネットワークが発行する「全国農業新聞」を購読しています。週1回発行で、農業に関連する様々な話題や情報が掲載され、参考にさせてもらっています。

 その6月21日付のコラムに「靴をめぐる新しい女性労働運動」という一文が掲載されました。筆者はジャーナリストで和光大学名誉教授の竹信三恵子さんという方です。以前にもここでこの方のコラムを紹介したことがありますが、今回の内容は、インターネット、SNSで広がっている「#KuToo」にふれたものです。

 「#KuToo」は、会社などで働く女性がヒールやパンプスなどの靴を履くことを強制されている現実に対して、それを辞めさせようという呼びかけです。筆者は新聞記者時代に靴に悩まされたことにも触れながら、働く女性にとって靴をどうするかは大事な問題である事も紹介しています。

 そしてその結びで「労働運動とは本来、身近な障害を取りのぞいて働く人たちを元気にするためのもの」と述べて、「#KuToo」運動は「新しい女性労働運動の芽生えかも」と結ばれています。

 読んでいて「なるほどなあ。大事な視点だなあ」と感心しました。誰もが安心して働ける社会にしていく、それを働く人たちが自ら求めて様々な運動を進めていく姿は、労働運動の新しいスタイルと言っていいものですね。
posted by こうじろう at 17:30| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

新緑の季節

KIMG00830001.jpg

 京田辺市では市役所5階が議会棟になっており、本会議場や委員会室、議員控室などがあります。東の端近くに議会事務局があり、いつもそこで控室の鍵をとってから西の方にある日本共産党の議員団控室に向かいます。

 その途中にロビーがあり、南向きに全面窓ガラスになっておりその窓から市役所南側にある山が良く見えます。ロビーは普段は節電のために廊下も含めて電気が消してあります。南側の全面窓ガラスがあるので暗くはないですが、天気が良く外が明るいと中なので少しくらいです。

 でもそのおかげで、ロビーを歩いて南側を見ると全面窓ガラスを通してみる外の景色が、まるで一幅の絵のように見えます。特に今は南側にある山の緑が美しくて、議員団控室に行く時にそこを通るのが楽しみです。一番上の写真は、今日撮ったものですが、暗い内側から明るい外を撮ったのでなかなか光の加減がうまくできませんでしたが、肉眼で見ると本当にきれいですよ。
posted by こうじろう at 20:07| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

ツバメの一家

DSCN97570001.jpg

 今日は金曜日で、定例の松井山手駅での早朝宣伝に取り組みました。ツバメの雛も育ってきて、先週よりも頻繁に親ツバメが餌を運んでいました。上の写真はたまたまつがいの親ツバメが巣に止まっているところが撮れたものです。雛が1羽しか見えませんが、巣の中には2羽いるので、一応、ツバメの家族写真です。
DSCN97610002.jpg

 雛も育ってきて、もう子ツバメと呼んでもいい感じもします。羽の色もしっかりしてきて、ぱっと見は親ツバメとそう変わりません。上の写真は親ツバメの正面にまわって撮りましたが、最初に見たときは親ツバメの後ろから見たので一瞬、子ツバメが4羽に増えた?と思ってしまいました。
DSCN97670003.jpg

 今日は夕方から京都市内に所用で出かけたのですが、上の写真は出かける前に撮ったものです。真ん中の子ツバメがちょうど下を向いたところが取れました。真っ黒な瞳がくりくりしているのがわかるでしょうか。下の写真は、夜9時半頃に帰ってきた時に撮ったものです。夜寝るときは子ツバメもあっち向いたりこっち向いたりしています。巣も小さく感じますね。
DSCN97690004.jpg
posted by こうじろう at 22:25| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

ツバメの雛は5羽

DSCN97190001.jpg

 昨日、松井山手駅で定例の早朝宣伝に取り組みました。宣伝が終わった後に、いつものようにツバメの巣を観察しました。この前は時おり、親ツバメが巣にじっとしている様子もありましたが、この時には親ツバメは餌取りに飛び回っているらしく、巣をカラにしていることが大半でした。

 それで巣を良く見ると、孵ったばかりと思われる雛が5羽いました。いずれも小さいし巣のふちも高いので、雛が身を縮めているとほとんど姿は見えませんが、親ツバメが餌を持ってきたときにはどの雛もいっせいに背伸びをするので良く見えます。

 また親ツバメが帰ってきた時でなくても、何かの折に雛が親ツバメが帰ってきたかと思ってギャッギャギャッギャと鳴きながら背伸びする事もあります。上の写真はたまたまそういう時を撮ることができたもので、この写真ではっきりと5羽いることが確認できました。

 これから親ツバメがせっせと餌運びをしていくのでしょうが、駅の周辺は住宅地なので5羽の雛が大きく育つほど餌が確保できるのか、少し気になりますね。これからも宣伝のたびに雛の様子を眺めていこうと思います。
posted by こうじろう at 19:27| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする