2017年08月09日

ツバメのヒナの巣替わり?

 8月4日の記事で松井山手駅のツバメの雛が4羽から3羽になった事を紹介しました。その翌日、8月5日の土曜日、所用で午後から大阪へ行き夜に帰ってきたのですが、なんと!いつも見ていたツバメの巣の雛が5羽に増えていました!慌てて自宅へカメラを取りにいって撮ったのが下の写真です。
DSCN48220001.jpg

 1羽、後ろを向いていますが巣の中に5羽の雛がいて、カメラの上に親ツバメが1羽います。これまで日がたつに連れて雛の数が減っていましたが、増えたのは初めてでびっくりしました。金曜の朝には確かに3羽しかいなかったし、元々も4羽だった雛がなぜ増えたのでしょうか。

 松井山手駅には、いつも紹介してきた改札の外の防犯カメラの上にある巣の他にも、改札の中の駅舎にも別のツバメの巣があります。前は改札を少し入ってホームへ下りる階段の天井部の隅にあったのですが、2順目に入ってから改札を入ってすぐにある防犯カメラの接続部のところに新しい巣ができています。

 5日の午後に大阪に行く際にその巣を見ると、外よりも少し大きくなった雛が4羽、そこにいました。その時は「こっちの方がよく育ってるな、先に巣立つかな」と思っていたのでしたが、夜に帰ってきた時にその巣を見ると雛は2羽に減っていました。「あれ、もう巣立ったのか?」と不思議に思いながら、改札を出ていつもの巣を見に行くと、そちらには5羽の雛がいました。

 二つのツバメの巣は直線距離にして十数メートルと近くにあります。一方の巣で雛が4羽から2羽に減り、もう一方の巣では3羽から5羽に増えた。これってひょっとして、2羽の雛が飛んでいったということでしょうか。昼間見たときには、巣立ちが近そうなくらいに育っていたのでそのくらいの距離なら、よたよたとでも飛んでいけそうです。

 いずれにせよ金曜朝には3羽しかいなかった雛が、土曜の夜には5羽に増えたのですから、2羽はどこかから来たとしか思えません。もしかしたら、改札外で最初に4羽いた雛のうち、いなくなった1羽も巣立ったのではなく、改札内の巣へ飛んで行っただけで、それが今度は改札内の巣から1羽つれて帰ってきたのかもしれないですね。

 雛が増えるというのはかなり大きな出来事だと思いますが、親ツバメはさして気にする風もなく巣のすぐ横で休んでいました。一つつがいのツバメが二つの巣をつくっているのかというとそうではなく、この時も改札内の巣の親ツバメはつがいで巣のすぐそばに止まって休んでいて、改札外の巣の方ももう1羽の親ツバメは少し離れた駅舎の天井近くの桟に止まっていました。
DSCN48400001.jpg

 その翌日、6日の日曜日の朝、市役所前の平和のつどいの帰りに松井山手駅に寄って巣を見ると、今度は雛は3羽になっていました。
DSCN48750001.jpg

 上の写真は昨日の朝、松井山手駅で定例の早朝宣伝をした際に撮ったもので、この時には雛は2羽になっていました。この時に、改札口から改札内の巣を見たら、遠くてはっきりと確認できなかったですが、そちらの巣にはもう雛はいないようです。

 土曜の夜以降、少し気になってちょくちょく松井山手駅に寄って改札外の巣を見ていたのですが、今日まで雛が増えたのはその時だけで、仮に雛が他の巣へ飛んでいっているとしても、滅多にあることではなさそうです。

 最後に昨日の夜に松井山手駅に寄った際に、つがいの親ツバメと2羽の雛の一家がそろって巣のところにいる写真が撮れました。雛が生まれてからは、親ツバメがそろって巣にいることはほとんどなかったのですが、珍しいですね。両端にいるのが親ツバメで、真ん中の2羽が雛です。雛はくちばしが黄色いですから区別がつきますが、身体も大きくなっており巣立ちは間近そうですね。
DSCN49090001.jpg
posted by こうじろう at 18:30| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

ツバメのヒナは4羽。夜中の巣。

DSCN46630002.jpg

 今朝は松井山手駅で定例の早朝宣伝です。終わった後にツバメの巣をのぞきに行きましたが、上の写真のように4羽のヒナが親ツバメが餌を運んでくるのをじっと待ってます。親ツバメもせっせと餌を運んできて、その度に大きな鳴き声をあげています。

 昨夜も夜8時過ぎに散歩をかねて駅まで巣の様子を見に行きました。夜のためか、親ツバメは巣のある防犯カメラのレンズ部分の上で休んでいるのですが、8時過ぎでも雛の方は結構いろんな物音や動きに反応して親ツバメが餌を運んできたのかと思って鳴いています。

 時々、つがいの親ツバメが巣のそばで休むのを交代するために飛んでくるのですが、その時も餌を運んできたのかと激しく鳴いています。下の写真はそうした時の一枚です。一時間くらい散歩して9時頃にもう一度、見に行きましたが今度は雛たちも寝たようで、物音に反応して鳴く事もなかったですね。
DSCN46580001.jpg

 ちなみに夜なのでデジカメのフラッシュも点いたのですが、そのフラッシュに反応して雛たちが餌を求めて鳴く事もあります。その時は上の写真のようにてんでバラバラの方向に向かって雛たちが鳴きますが、日中、親ツバメが餌を運んできた時は雛たちも巧みに身体を動かしてみないっせいに親ツバメの方向を向いていきます。

 また今朝の宣伝の後に巣を眺めていると、1羽の雛が巣の中で上手に身体を反転させ尻尾の部分だけを巣の外に出してフンをしてました。「器用なもんだなあ」と感心しますね。
posted by こうじろう at 17:39| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

世界の陸地の約半分が非核地帯に〜核兵器禁止条約は世界の大きな流れ

 今日の「しんぶん赤旗」日刊紙に、「核兵器禁止条約 賛成した122カ国 非核地帯を中心に国連加盟国の3分の2」という記事が掲載されました。7月7日の国連会議で、122カ国の賛成で核兵器禁止条約が採択されたことに関する記事です。

 現在の国連加盟国は193カ国なので、条約に賛成した国はそのおおよそ3分の2になります。記事では、賛成した国名一覧とともに、世界地図で賛成した国々を示す図も掲載されています。(下の図が記事にあったものです)
2017072404_01_1.jpg

 この図を見ると南米ではほぼすべての国々が賛成し、アフリカ大陸でも大半の国々が賛成しています。

 賛成した国々が、南極大陸を除く地球の陸地面積に占める割合は、44.07%になります。核兵器禁止条約は、その第一条で締約国が「自国の領域または自国の管轄若しくは管理の下にあるいかなる場所においても、核兵器または核爆発装置を配置し、設置し、または配備すること」を禁止しています。
 つまり世界の陸地の約半分は、核兵器禁止条約によって「非核地帯」となります。まさに核兵器禁止条約が世界の大きな流れになっていることを実感させる図だと思います。

 ちなみに賛成国中で最大の面積を持つ国は、オーストラリア大陸よりも広く世界第5位の面積のブラジルです。面積順に国を並べてそのトップ10に入る国では、ブラジル(5位)、アルゼンチン(8位)、カザフスタン(9位)、アルジェリア(10位)の4国が賛成国です。小さい方では、世界最小面積のバチカン市国が賛成国になっており、賛成国でそれに続く小さい面積の国は61平方キロメートルのサンマリノです。(京田辺市の面積は42.9平方キロメートル)
 大きな国から小さな国までこぞって核兵器禁止の流れがつくり出されつつあるのが今ですね。
posted by こうじろう at 17:57| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

ツバメのヒナが3羽

DSCN46360001.jpg

 今朝は松井山手駅で定例の早朝宣伝です。先週末に完成した6月議会と日本共産党議員団の活動報告のチラシを日本共産党後援会の方に配布してもらいながら、私はハンドマイクで訴えていました。6月議会のことなどをハンドマイクで紹介しているとけっこうビラを受け取ってくれる方もいます。また「共産党は北陸新幹線延伸には反対なの?」と声をかけてくれる方もいらっしゃいました。

 朝7時前から取り組んでいますが、日差しが強くて大変です。今朝はまだ曇りがちでしたが、これが晴天なら朝からばててしまいそうです。

 金曜日の早朝宣伝はツバメの巣のある方で行うので、ちらちらと巣を見ながら宣伝してました。もう抱卵は終わり、つがいのツバメがせっせと雛に餌を運んでいます。時折、2羽の親ツバメが巣でかち合う事もありますが、見た感じでは、頻繁に餌を運んでくる時とけっこう間が空く時もあるようです。

 雛の数は今日、確認できたのは3羽でした。まだ親ツバメが帰ってきてもそんなに大きな声で鳴かないですが精一杯くちばしを伸ばして餌をねだっています。巣のふちが少し高くなったので、余り巣に近いとちょっと見えにくいですが、雛の数がこの先、増えるのか、それとも前のように減っていくのか、しばらくは気になります。

 下の写真は今朝撮ったものの一枚ですが、巣に止まっている親ツバメをたまたま真後ろからとらえました。真後ろから見るときれいな「燕尾服」の形になったので紹介しておきます。
DSCN46320001.jpg
posted by こうじろう at 17:07| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

ツバメの子育てが開始

DSCN45800001.jpg

 今朝は松井山手駅で定例の早朝宣伝です。火曜日はツバメの巣のある方とは反対側ですが、宣伝の後にしばらく巣の様子を眺めていました。先週金曜日にはまだ抱卵する時間もありましたが、今朝は抱卵する事はなく、せっせと雛へ餌を運んでました。

 ただ巣が少し大きくなったのもあって、雛はすっぽり隠れていてほとんど見えません。一回だけ、雛のくちばしのようなものが伸びあがって見えたような気がしたくらいです。おそらく孵ったばかりの小さな雛なのでしょうね。親ツバメも時折、巣に深く頭を突っ込んで餌を与えているようです。

 その様子をじっくりと眺めていると、親ツバメの身体の部分、羽以外の部分はあんまり大きくないですね。大人の親指2〜3本分くらいかなと思いました。それが羽を広げるとけっこう大きく見えるものですね。

 近くにある他の巣でも雛が育っていて、ある程度、大きくなると親ツバメが巣に返ってくると餌を求めてかなり大きな声で鳴きますが、今日のところは雛の鳴き声はほとんど聞こえなかったです。
posted by こうじろう at 16:51| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする