2020年02月19日

市長施政方針で消費税に一言も触れず〜3月議会が開会

 今日から京田辺市の3月定例議会が始まりました。前半では、市長から昨年12月議会閉会後の主な市の行事や行政内容などについての報告があり、ここで市長から1月に京都府内で新型肺炎の患者が発生したことを受けて、京田辺市新型インフルエンザ等対策行動計画にもとづき、1/29に災害時の警戒本部にあたる「情報連絡会議」を開催したことが報告がありました。

 この問題では予算議案に対する質疑でとり上げた議員もおり、それへの答弁で現在、情報収集や感染拡大時の対応などについての検討を進めていることなどが報告されています。

 予算提案に先立ち、2020年度の市政運営の基本的方針を示す市長の施政方針演説も行われました。施政方針は議案と一緒にその文章が事前に議員に配布されていますが、それを読んでみると、基本的な方針についての部分は余りなく、20年度予算案に盛り込まれた様々な事業の説明の列挙という印象です。

 施政方針はA4版で19ページあり、短くもないですがそう長くもありません。ただそれをよく読んでも、市民の暮らしの実態に言及する部分がいっさいないのはどうかと思います。経済動向の認識についても、「緩やかに回復してきた」が「引き続き景気の動向に注視していく必要」があると一般的に述べるだけで、市内の中小零細企業の状況についての認識も示されていません。

 何より「消費税」の文字が一言も出てきません。昨年10月に強行された消費税10%への大増税は、住民の暮らしや地域社会にとっても大きな影響を与えた問題だと思いますが、市長の施政方針を読んでいると、まるで消費税増税はなかったかのような気さえしてきます。これらの問題については、日本共産党議員団でも議論して、2月28日に行われる代表質問で市長の認識を質していきたいと思います。

 2020年度の一般会計をはじめとした各会計の予算案も上程され、それを審議する予算委員会が設置されました。予算委員会は各会派から比例配分で選出され、全部で7人の委員からなります。日本共産党議員団からは増富理津子議員が委員として所属し審議します。去年は改選前で5人の議員団だったので予算委員会にも2人の委員が出せましたが、3人に減ったので予算委員も1人になって大変ですが、審議内容や予算分析などは議員団で力をあわせて取り組みます。

 3月議会は代表質問があるので、いつもより一般質問まで日にちがあります。特に今回、私は一般質問の最終日、3日目なので余裕はありますが、月末をはさんでバタバタすることも多いので、今のうちから一般質問や所属する総務常任委員会での審議準備もすすめるようがんばります。
posted by こうじろう at 18:18| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月17日

枚方京田辺環境施設組合20年度予算に反対

DSCN13930001.jpg

 今日は午前中に議会運営委員会があり、3月議会の一般質問の順番などを確認しました。その他に、議会改革の取り組みに関してこれからのすすめ方や、検討課題などについて協議しましたが、短時間で済みました。

 午後からは枚方京田辺環境施設組合の定例議会が開かれました。定例議会は、枚方市東部清掃工場の3階会議室で開かれます。上の写真はそこから撮った甘南備山のものです。
 同組合は枚方市と共同で進めている新しいゴミ焼却場建設などの事業を担う組合ですが、予定地にオオタカの営巣、繁殖が確認されたので、その行動調査などのため事業全体が2年間ほど遅れることになっています。

 オオタカにかかわる議論は昨年11月後半の組合議会でもとり上げており、今回はそれから3ヶ月くらいしかたっていないので、特に目立った進捗などがあるわけではありません。それで私は今回は一般質問を見送りましたが、他の議員から先日、視察した草津クリーンセンターの状況を踏まえ、これからつくる新しいゴミ焼却場での環境啓発などの取り組みついてとり上げるものがありました。

 議案については、20年度から地方公共団体(組合も特別地方公共団体になります)で導入される会計年度任用職員制度にかかわって、人事関連条例の改正議案が提案されました。現在、組合の職員は10名おり、枚方市、京田辺市、それぞれから出向しています。出向の職員はいずれも「正職員」ばかりで、組合の職員政策としては今後も両市から正職員を出向させることが基本とされ、会計年度任用職員を配置することは考えていないとの事です。ただ制度上は新しく分類されるものができたので、それに対応するということで条例改正されるものです。これについては、全会一致で可決しました。

 予算案では、19年度組合一般会計補正予算案は質疑、討論もなく全会一致で可決となりました。
 20年度組合一般会計予算案について、私は反対討論を行いました。反対した理由は、新ゴミ焼却場の用地買収と粗造成事業及びアクセス道路のための用地買収、道路建設事業がすべて京田辺市の単独事業とされ、その事業費全額、約26億円が京田辺市の負担となっているからです。

 反対討論では、これらの事業は新ゴミ焼却場建設事業の一環と言えるものであり、枚方京田辺環境施設組合の事業として位置付けた上で、その予算を計上し、事業費も枚方市、京田辺市それぞれが応分の負担をすべきだと指摘しました。この反対討論は、短いものですが最後に畳んでいれておきます。

 20年度組合一般会計予算については、採決では反対したのは私と、枚方市の日本共産党の議員である広瀬さんの二人だけで、賛成多数で可決されました。なおこの新ゴミ焼却場建設にかかわる環境アセスメントの第3段階となる準備書は、3月末か4月初め頃に公表の予定で、準備書の中でオオタカの保全対策や、温室効果ガスの削減目標なども示されるとのことです。20年度枚方京田辺環境施設組合予算反対討論
posted by こうじろう at 16:27| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月13日

一般質問は3/5の2番目に

 今日のお昼に3月議会の一般質問通告が締め切られました。今回、一般質問通告をした議員は11人です。3月議会では一般質問のほかに代表質問もあり、そちらも各会派から質問にたつことになるので、全部で16人の議員が質問することになります。

 今回、私は北陸新幹線京都南伸計画と松井山手周辺への新駅設置について、国民健康保険、国保税について、地元要望の大住駅エレベーター設置について、の3つのテーマをとり上げます。

 順番は質問日でいうと一般質問の最後の日である3月5日(木)の2番目になります。前の議員の時間によりますが、おそらく午前11時からの質問になると思います。最後から2番目の質問でもあり、一番最後は同僚の増富議員となります。

 日本共産党議員団からの代表質問は、岡本亮一議員がおこなう予定になっています。代表質問の通告は、3月議会初日の開会本会議で市長の施政方針演説を受けてからとなるので、内容などは議員団全体でも検討します。
 最後に私の一般質問通告の内容を紹介しておきます。

2020年3月議会 一般質問通告

(1)北陸新幹線京都延伸計画について

@北陸新幹線(敦賀・新大阪間)環境影響評価方法書に対する京田辺市の意見の内容を明らかにされたい。

A京田辺市松井山手周辺への新駅設置にかかわって
ア:新駅設置に関わる京田辺市の費用負担の見通しについて明らかにされたい。

イ:松井山手周辺への新駅設置について、その周辺整備(アクセス道路、ロータリー、駅前広場等)の見通しと、それらの事業費総額及び京田辺市の独自負担の見通しについて明らかにされたい。

ウ:新幹線新駅設置による経済効果が期待される分野と、経済効果の算出にあたっての考え方を明らかにされたい。

(2)国民健康保険について

@20年度の京都府への納付金額について、18年度より増額となったが、その理由と算出根拠について明らかにされたい。
 また京田辺市に請求される納付金は他自治体や、本市の加入者一人あたりの医療費などから見ても、かなり高額であり、その全面的な見直しを京都府へ求めるべきであるが、市の見解を問う。

A国保加入者の国保税負担軽減のために、国に財政支援のいっそうの充実を求めるとともに、京都府に独自の財政支援を行うよう要望すべき。

B国保税負担軽減のために市独自の施策の拡充を求める。
ア:15歳未満の子どもの均等割分による国保税収額(17〜19年度別)を明らかにされるとともに、その20年度からの廃止を求める。

イ:国保税を納入する事で収入が生活保護基準を下回る世帯に対する「境界層措置」の実施を求める。

ウ:国保税減免制度の市独自の拡充を求める。

(3)大住駅へのエレベーター設置について

 大住駅へのエレベーター設置について、現在の進捗状況と今後の見通しについて、明らかにされたい。
posted by こうじろう at 18:16| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

3月議会の議案、日程などを確認。井筒八幡市長候補と宣伝。

 今日の午後、議会運営委員会が開かれ、3月議会の日程や、市当局から提案される諸議案の説明がありました。3月議会では冒頭に、市長が新年度一年間の市政運営の基本的方向を示す「施政方針」演説もあります。今日、議員に配布された諸議案には、この「施政方針」や条例改正案、2020年度の一般会計をはじめとする各予算案があり、けっこうな量になります。

 会期も2月19日に開会し、代表質問や予算委員会などもあるので、3月27日までの長期に及びます。これから、「施政方針」や条例改正議案、各予算案の読込みや分析などにかかりますが、忙しくなりそうです。

 例年、3月議会の準備を始めると、本当にあっという間に日にちが経っていくように思えます。1月はかなり盛り沢山の日程で、その分、長く感じましたが、議会準備の方はすぐに審議日程が迫ってくるので、2月3月は、まさに「逃げる」「去る」という感じですね。なお、今日の議会運営委員会で確認された3月議会の議事日程は以下の通りです。

3月議会日程

2月19日(水)開会本会議     午後1時半〜
  28日(金)本会議 代表質問  午前10時〜
3月 3日(火)本会議 一般質問  午前10時〜
   4日(水)本会議 一般質問  午前10時〜
   5日(木)本会議 一般質問  午前10時〜
   6日(金)建設経済常任委員会 午前10時〜
   9日(月)総務常任委員会   午前10時〜
  10日(火)文教福祉常任委員会 午前10時〜
  11日(水)予算特別委員会   午前10時〜
  12日(木)予算特別委員会   午前10時〜
  16日(月)予算特別委員会   午前10時〜
  18日(水)予算特別委員会   午後1時半〜
  23日(月)議会運営委員会   午後1時半〜
  25日(水)議会運営委員会   午後1時半〜
  27日(金)閉会本会議     午後1時半〜

 午後6時半からは、井筒かおる八幡市長候補が松井山手駅で街頭宣伝をされるというので、その応援に行ってきました。松井山手駅は京田辺市になりますが、5分も歩けば八幡市の欽明台地域なので、駅を利用される方には八幡市の方も多いです。井筒さんと一緒に訴えようと京田辺市の北部地域の日本共産党後援会のみなさんも駆けつけていただいたので、総勢20名近くになって元気に井筒さんへの支援を訴えました。
DSCN13760001.jpg
posted by こうじろう at 19:30| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月08日

三山木福祉会館で市議会主催の議会報告会を開催

DSCN13400001.jpg

 今日の午後、京田辺市南部、三山木地域にある三山木福祉会館で、京田辺市議会主催の議会報告会を開きました。市議会としての議会報告会はこれで5回目となり、今回や20名弱の参加者となりました。これまでと比べると少ない参加者数にはなりましたが、会場の近くにお住まいの方が参加されるなどしており、交通の便のあまり良くない面もありましたが、開催してよかったと思います。

 前半は、市議会からの報告として昨年秋に設置された、決算特別委員会と、第4次総合計画特別委員会の、二つの委員会の主な審議内容などを簡単に報告しました。
 この時に、私も昨年の決算特別委員会の委員長として簡単に報告しました。一番上の写真はその時のもので、決算特別委員会では現地調査、部局別審査、総括質疑で計5日間、審議をしており、審議した内容、項目はかなりたくさんあるので、それらの項目は資料に一覧としてまとめておいて、参加者に配布しており私の報告では、主に決算委員会の審議の流れなどを説明しました。できるだけ簡潔にと心がけましたが、それでも10分くらいはかかりました。

 後半は、参加した住民の方、議員が2つのグループに分かれて分散会方式にして、参加者との意見交換を行いました。その進行役には、決算特別委員長と、第4次総計特別委員長がそれぞれあたりました。

 こういうやり方での意見交換は初めてなので、戸惑いなどもありましたが、参加されたみなさんの率直な意見などを聞かせていただくことができて良かったと思います。全体で2時間弱の議会報告会でしたが、今日の内容などをこれからの議会運営委員会でよく振り返って、次の取り組みに活かしていきたいと思います。
posted by こうじろう at 18:18| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする