2020年05月29日

議運、幹事会。ツバメの雛は4羽、ヒヨドリも。

 今日は午後から、議会運営委員会と幹事会がありました。議会運営委員会は、一般質問順序の確認と、6/5の開会本会議で設置予定の議会改革特別委員会の委員推薦名簿の確認が主な内容で、さして時間もかからずに終了しました。

 その後は引き続き幹事会が開かれました。前回の幹事会で持ち帰って検討する事になっていた20年度の議員研修会のテーマについて議論し、第1回目は夏(7月下旬〜8月)に開催することとし、テーマは自治体、地域の防災力の向上ということになりました。少し幅広いテーマ設定ですが、新型コロナウイルス関連の話題も盛り込めるのなら盛り込んではどうかと議論しました。なお第2回目のテーマはまたあらためて議論して設定することになりました。
DSCN02850003.jpg

 今朝は松井山手駅で定例の早朝宣伝です。ツバメの巣では雛が育っています。火曜日は雛がいるのを確認するのに手間取りましたが、今朝は巣から元気な鳴き声が聞こえてきました。3日前は親ツバメが来ても鳴き声もあげなかったのだから、あっという間の成長です。

 見たところ、雛は4羽、いるようです。親ツバメが来て餌を求めて背伸びしないと中々全部は見えませんし、親ツバメが去ると巣の中で小さくなって見えなくなりますが、後で写真を確認すると黄色いクチバシが4つありました。
DSCN02840002.jpg

 上の写真はたまたま親ツバメが雛に餌の小虫を与えているところがとれたものです。親ツバメのクチバシの先にある黒っぽいのがそれで、ハエより小さいくらいです。それでも雛の大きさから見れば頭の半分弱くらいはあるように見えます。それが大きくクチバシを広げているので丸ごと入りそうです。雛の体は親ツバメと比べてかなり小さいですが、口の大きさはそう変わらないようで、体の割には大きなエサをパクパク食べれば、成長するのも早いでしょうね。

 ところで今朝は、別の鳥も松井山手駅のえらく近くで止まっていました。下の写真がそれで、おそらくヒヨドリだと思います。黒っぽく見えますが「松」の字の看板の上にとまっているところが撮れました。いつも周囲を飛び回っていますが、こんなに近くに止まっているのは珍しかったです。
DSCN02800001.jpg
posted by こうじろう at 18:19| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月27日

一般質問は6/15午後1時半から

 今日、6月議会の一般質問通告が締め切られました。京田辺市議会では3月議会は新型コロナウイルス対策などの影響で、代表質問・一般質問を中止にしたので半年ぶりの一般質問となります。

 今回は日本共産党議員団の3人の議員をはじめ、全部で13人の議員から質問通告がされました。私の質問順番は12番目になり、質問日は3日目の6月15日(月)、その3番目、時間は午後1時半からになると思います。新型コロナウイルス対策で、60分の質問時間を50分を目安に効率的な時間の使い方となるよう申し合わせていますが、1時間ごとに換気のために10分間の休憩をとるので、全体の時間はいつもとそう変わらないと思います。

 私の質問テーマは4つの柱になっており、一つ目の柱に市当局が今年3月に策定した行政改革実行計画に関して、とり上げます。またこれに関連して、新型コロナウイルス対策などから課題として感じている、行政の職員体制や、京都府が2004年5月に行政改革と称して保健所の統廃合を強行した問題、京田辺市へ再度、保健所を設置することなどをとり上げます。

 他に中学校給食についてや、大住駅エレベーター設置、河川改修の進捗状況などをとり上げる予定です。

 6月議会の一般質問は、他の日程の関係で間が飛んだり土日をはさんだりしています。その3日目の質問なので、今からだとちょっと先のような気がしますが、そのかわり一般質問が終わると一日明けてすぐに総務常任委員会の審議があります。6月議会の議案審議は総務委員会だけで5本あるので、その準備もあります。少し先だからと余りのんびりせずに、今から準備に取り掛かろうと思います。なお、私の一般質問通告の全文は以下にあるとおりです。

     2020年6月議会 青木こうじろうの一般質問通告
(1)京田辺市行政改革実行計画に関して
 20年3月に、20〜23年度を期間とした「京田辺市行政改革実行計画」を策定されたが、同計画について問う。
@新型コロナウイルス感染症対策を踏まえて、計画全体の見直しをすべき。
ア:医療、保健体制の充実強化をはじめ、様々な災害に備えた余裕のある職員体制の整備を進めるべき。
イ:京都府に対し、保健所の配置を見直し、京田辺市の保健所分室を「田辺保健所」として復活させるように要望すべき。
ウ:受益者負担の見直しや、補助金等見直しのプログラムについては、現在の情勢からみて相応しくなく、廃止すべき。
A「透明性の高い行政の推進」に関して
 様々な審議会等の情報公開について、その議事録や提出資料の公開などに大きな差がある。原則として、個人情報に関わるもの以外のすべての議事録、資料などを公開すべきである。
 とりわけ教育委員会部局では、教育委員会の議事録も公開されておらず、早急に改善を求める。

(2)中学校給食基本計画策定に関して
@中学校給食基本計画策定について、その進捗状況と、現時点での概要などについて明らかにされたい。
A計画の策定段階から、中学校における食育の充実、及び地産地消の積極的推進の観点を盛り込むべきと考えるが、教育委員会の見解を明らかにされたい。

(3)大住駅へのエレベーター設置について
 大住駅へのエレベーター設置について、現在の進捗状況と今後の見通しについて、明らかにされたい。

(4)防賀川、吉原川改修の見通しについて
@防賀川、吉原川改修の現状と、改修完了の見通しを明らかにされたい。
A出水期を迎えるが、夏から秋にかけての大雨などの対策について、明らかにされたい。
posted by こうじろう at 17:35| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月26日

6月議会の日程が確定。ツバメの雛が誕生。

 今日は午後から議会運営委員会があり、6月議会の日程を確認し、市長から提出される議案の説明などを受けました。京田辺市では3月末から今日までの新型コロナウイルス対策の予算措置などはすべて専決処分で行われたため、初日の開会本会議ではそれらの専決処分の承認の議事があります。

 その専決処分の件数は全部で14件にもなります。いくつかは20年度の地方税法改正などを受けて、市民税額や国保税額の確定に間に合わせるために専決処分されたものもありますが、その大半が新型コロナウイルス対策のための条例改正や補正予算です。

 新型コロナウイルス対策では、これまでに専決処分されたもの以外にも20年度一般会計補正予算案も出されています。議案では条例改正案や契約案件など5本が提出されましたが、それらはすべて総務常任委員会に付託されます。

 議会運営委員会の後半には議会としての新型コロナウイルス対策を踏まえた運営についても相談しました。初日と最終日の本会議は採決もあるので、すべての議員が本会議場に参集しますが、一般質問の時の本会議には、各会派が申し合わせて本会議場に出席する議員を、会議の定足数は満たすようにしながら、半数程度にし、残る議員は本会議場の隣にある各会派控室で、一般質問のインターネット中継を視聴するなどして待機することになります。また1時間おきに換気のための休憩もとります。

 なお今日、確認された6月議会の日程は以下の通りです。
        6月議会日程
6月 5日(金)午後1時半〜 開会本会議 
  10日(水)午前10時〜 本会議一般質問 
  12日(金)午前10時〜 本会議一般質問
  15日(月)午前10時〜 本会議一般質問
  17日(水)午前10時〜 総務常任委員会
  18日(木)午前10時〜 文教福祉常任委員会
  22日(月)午前10時〜 建設経済常任委員会
  24日(水)午後1時半〜 議会運営委員会
  26日(金)午後1時半〜 議会運営委員会
  30日(火)午後1時半〜 閉会本会議

 今朝は松井山手駅の西側で定例の早朝宣伝に取り組みました。反対側にあるツバメの巣を時々、見ていましたが、どうも巣にじっといるようではなく、かといって頻繁に巣に返ってきている様子もないので、どうしたのだろうかと気になり、宣伝が終わった後に近くでしばらくじっと見ていました。ツバメが巣にいない間は、何も見えなくて、この巣を放棄したのかと思いましたが、やがて1羽のツバメが戻ってきて巣の中にくちばしを突っ込んでいるようで、その時に巣のふちにかすかに動くものが見えました。

 それであわててズームで写真を撮りましたが、親ツバメは飛び去った後でした。それでもほんのわずかの間、親ツバメを追って精一杯くちばしを伸ばしている雛が見えました。下の写真がその時のもので、ズームで撮ったものをさらに拡大したので少し粗いですが、真ん中あたりで黄色いくちばしを広げている雛が見えるでしょうか。
DSCN0270雛拡大.jpg

 まだ本当に孵ってばかりという感じで、鳴き声も出ないようで、しかも小さいので、親ツバメが返ってきたときにエサを求めて背伸びしても、巣のふちギリギリにくちばしの先端がひょこひょこしているくらいしか見えません。写真の1羽だけではないようですが、これからこれらの雛が大きくなっていく様子を見るのが楽しみですね。
posted by こうじろう at 18:04| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

新型コロナウイルス対策の財源、市税徴収猶予など議論 総務協議会

 今日は午前中に総務常任委員協議会がありました。先週にも開かれましたが、市当局が5/15付で新型コロナウイルス対策のための第二次補正予算を専決処分とし、その内容に市議会に報告するために、今週は総務常任委員会だけでなく、文教福祉、建設経済の各常任委員会の協議会も開かれます。なお補正予算の中身については、5月16日の記事「新型コロナウイルス対策で京田辺市が2度の補正予算」をご覧ください。

 4月末の第一次補正とあわせると、今回の補正予算は総額で75億710万円になります。金額はかなり大きいですが、その大半は国の1人10万円給付の特別定額給付金です。これともう一つの国の施策を除いた、京田辺市独自の施策は金額では合計で2億8400万円になります。

 その財源について聞いたところ、一次補正分の9800万円は資の財政調整基金を取り崩し、二次補正分の1億8600万円は、国が地方全体に1兆円規模で交付する「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金」の、京田辺市への割当分を充てるとの事です。なお、この「臨時交付金」の京田辺市への割当上限は2億267万円であり、差額については一次補正分の財源としても活用する方針だそうです。

 質疑ではあわせて新型コロナウイルス対策の、市財政への全般的な影響について聞きました。歳入では税収の落ち込みなど予想されますが、歳出面でも今後もいろいろと予想されますが、今の段階では具体的な金額まではわかりません。

 これまでの対策等の影響で、ツアー・オブ・ジャパンをはじめ様々なイベントや企画などが中止になっており、それらのために計上されていて減額された予算についても聞きましたが、事務などである程度、執行している分や、実行委員会方式のため実行委員会としての判断によるものもあるので、こちらも今の段階では具体的な金額はわからないとの事でした。

 補正予算以外では、新型コロナウイルス対策としての市税の徴収猶予のための市税条例改正もあります。これは4月末に国会で全会一致で成立した地方税法改正を受けたもので、新型コロナウイルスの影響による収入減で、市税の徴収猶予をされる場合には、延滞金などが免除されるというものです。

 これについて私からは「申請などの手続きや適用についても、できるだけ柔軟に対応してほしい」と要望し、市当局からは「口頭での聞き取りによることも含めて、対応していきたい。」と前向きの答弁がありました。あわせて市税の減免についても、市民からの相談に応えて、積極的に対応するよう要望しました。

 また関連して国保税の減免の取り組みについて、進捗状況を聞いたところ、担当課から「6月には納税通知書を発送するが、その時には減免制度の案内チラシが同封できるように、早急にすすめたい」と答弁がありました。
posted by こうじろう at 18:45| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月19日

新型コロナウイルス対策の下での議会運営など議論

 今日は午後から、議会運営委員会と幹事会がありました。議会運営委員会は、6月議会の運営方法について議論するものです。通常は、6月議会開会日の1週間前に、市長の提出議案などがそろってから開きますが、今回はそれに先立って、6月議会の本会議や一般質問の運営をどうするか、具体的に相談するために開いたものです。

 京田辺市議会は3月議会は、安倍首相が唐突に全国の公立学校いっせい休業を要請した翌日の金曜日が代表質問の予定日で、さらにその翌週から一般質問を予定していた中で、急きょ、議会としての対応を迫られて、異例の事ですが代表質問、一般質問を中止しました。

 今回、事態はその時より良くなっているかどうかは一概に言えませんが、3月議会のように突発的に対応を迫られるのではなく、ある程度、議会として感染防止策などを議論しながら対応できます。それで6月議会は、当初の予定通りの議事日程として、一般質問や委員会質疑を行います。

 ただ、いつもよりも休憩を多めにとり1時間に1回は休憩し10分間程度の換気を行うことや、できるだけ短い時間で済むように、議員も効率的な質問を心がける、委員会での質疑の回数も減らせるように努力することなどを協議しました。

 議会運営委員会の後には、各会派代表者による幹事会が開かれました。議題の一つは、京田辺市議会が年2回開いている議員研修会についてです。通常は、昨年に各会派から出されたテーマの中から2つ選んで、夏と冬に開催する事や、講師依頼をする担当会派などをこの時期に決めています。

 ただ今年度は、新型コロナウイルスもあって、昨年に出したテーマではなく新型コロナウイルス関連のテーマで開いた方が良いという意見や、開催時期についても夏でいいのかなどが議論になって、テーマなども含めてあらためて各会派で意見を持ち寄る事になりました。ただし日本共産党議員団については、今年1月に「性の多様性」というテーマを提案してそれが採用されて研修会を開いたので、今回は他の会派の提案するテーマから選ぶ事になります。

 その他に事務連絡の手続きなど、いろいろと議論をしました。けっこう細々としたことも出されて、話し合いました。ところでその中で、ある議員が、連絡をしてきた議会事務局の職員に対して「職員ごときに言われるものではない」と発言したことが紹介されていました。本当のことなら、ずい分、乱暴な物言いでパワハラではないかと思いますが、ひどい言い方をするものですね。

 議会運営委員会、幹事会とけっこう議題が多くて会議が長引いてしまい、すべて終わったのは午後5時を過ぎていました。今日は19日で、定例の19日宣伝行動が松井山手駅で取り組まれましたが、参加できずに残念です。でも朝は松井山手駅西側で定例の早朝宣伝に取り組みました。ツバメの巣は引き続き抱卵中ですが、つがいのツバメで片方は戻ってきたらすっと巣に入りますが、もう片方はどうもしばらくは外でぐずぐずしているようですね。
DSCN02530001.jpg
posted by こうじろう at 20:30| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする