2020年05月31日

新しい日本共産党後援会ニュースを発行

DSCN02770001.jpg

 新しい日本共産党後援会ニュースが完成しました。今回は表面に、6月議会での私の一般質問通告の内容、そして京田辺市が、新型コロナウイルス対策で打ち出した住民への支援策を紹介しています。

 裏面では、総務常任委員会が3月にまとめた「性の多様性に対応した社会について」の所管事務調査の中間報告のことを紹介した他、20年度の税制改正で一人親家庭の税負担軽減が前進したことなどを紹介しています。この日本共産党後援会ニュースは、ご希望の方にはPDFファイルなどでお届けすることもできますので、ご連絡ください。

 私もさっそく担当している地域の配布に取り組んでいます。顔を合わせたお宅ではいろいろと話が弾みます。中には「最近はよく国会中継を見ている。倉林参院議員は良くがんばっているね。もっと時間があってもいいと思うよ。」と励ましと期待の声を寄せてくれる方もいます。

 早いもので明日からは6月になり、梅雨も近づいてきますが、6月議会の準備とあわせて、早めに配布を終えようと思います。
posted by こうじろう at 18:24| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

ツバメの卵まわし?黒川氏辞任にあきれた声。

DSCN02640001.jpg

 今朝は松井山手駅で定例の早朝宣伝でした。昨夜は急に涼しくなった感じがし、今朝も、曇り空と多少の風もあったので、この間と比べると涼しかったです。ただ時折、日がさすとちょっと暑さを感じます。最近は日中が夏のような暑さだったので急に涼しくなると、肌寒さまで感じて体調管理に気をつけないといけませんね。

 ツバメの巣では変わらず抱卵が続いています。宣伝しながら時々、見ていると上の写真のように巣のふちに止まって、巣の中にくちばしを突っ込んでいるような仕草をよくしていました。雛にエサをやるには早いようだし、突っ込んでいるのもちょっとの間で直に巣でじっと抱卵しているので、雛が孵っているのではないようです。ひょっとしたら、巣の中の卵をくるくる回しているのかもしれないですね。

 松井山手駅では構内にもツバメの巣があるので、いつも数羽のツバメが飛び交いますが、つがいのツバメは相方がすぐにわかるらしく、巣の近くまで来ただけでぱっと交代していく時があります。はたから見ていると、ツバメはみな同じに見えますが、つがいだとすぐにわかるらしいです。

 5月も下旬にさしかかり、しんぶん赤旗の集金にも取り組み始めました。マスクをして、時節柄あまり長話もできませんが、それでも検察庁法改定案への怒りや、黒川氏の辞任へのあきれた声も出されます。特に黒川氏の辞任については、賭けマージャンそのものへの批判とともに、その相手が新聞記者だったことから、「賭けマージャンをしながらの取材でいったいどんな記事が書けるのか、相手に都合のいいことしか書けないんじゃないか」というきびしい声も出されていました。私もまったくその通りだと思います。
posted by こうじろう at 18:01| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

オンラインで日本共産党の京都府議員団長会議

 今日の夕方、日本共産党の京都府下の各市町村の議員団長の会議がありました。いつもなら京都市内にある日本共産党京都府委員会の事務所で開かれるのですが、今回は新型コロナウイルス対策で、インターネットを利用した会議システム(Zoomです)で開かれました。京都府議の方など何人かは、京都府委員会の事務所で参加されたようですが、大半の議員団長がZoomを利用しての参加でした。

 私も自宅のパソコンを利用しての参加でした。私はZoomを使っての会議は初めての経験でしたが、何回かは利用された方もいるようで、全体としてはスムーズな会議運営でした。報告の後に、それぞれの議員団長が発言しましたが、私も京田辺市の新型コロナウイルス対策や議会の取り組みと状況、私たち議員団の活動などについて発言しました。

 最初は一人でパソコンに向かって話しかけるのは変じゃないかなと思いましたが、やってみるとカメラを通して参加者の顔が見えるので、それほど違和感はありませんでしたね。

 会議では各自治体の取り組みやそれぞれの日本共産党の議員団の活動なども紹介され、新型コロナウイルスの影響で困っている住民の力になろうと奮闘している、大事な経験なども報告されました。私も聞いていて、参考にもなるし、もっと京田辺市でもできることがあるのではないかと、がんばる意欲もわいてきました。

 京田辺市でも来週からは6月定例議会に向けた議会運営員会や、一般質問通告などもあります。新型コロナウイルスで大変なときだからこそ、住民に役に立ち、暮らしを守る力となる日本共産党議員団として、がんばります。
posted by こうじろう at 20:51| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月06日

新型コロナウイルス対策〜困っていれば誰でも使える支援制度を

 連休中でも新型コロナウイルスの影響で困っている方はたくさんいます。日本共産党にもそれらの方々から相談が寄せられています。その中には、現時点での支援制度のスキマになってどの制度も利用できないという相談もありました。

 それはこの4月に事業を始められた方からの相談です。事業所をオープンされたのは4月上旬ですが、その準備は去年から始められており、開業に向けた融資を受けたり、事業所の確保と必要な内装工事、資機材の確保などを進めてこられた方です。しかも当初の事業開始は2月の予定であったものが、新型コロナウイルスの影響で事業所の内装工事が材料などが入ってこなくなって大幅に遅れて、開業も4月にずれ込んでしまいました。

 そのため開業時にいろいろと計画されていたオープニングイベントなどは、やむなくすべて中止せざるえなくなっています。そんな中で、いわばひっそりと開業せざる得なくなりましたが、売上げは当初計画を下回り、必要なスタッフも確保されていますが最低限の出勤にとどめざるをえず、やめてもらうこともできず、人件費の支払いや事業所の家賃、さらに開業に向けて受けた融資の返済も始まって大変だという相談でした。

 政府はいくつかの支援制度を打ち出していますが、それらはいずれも新型コロナウイルス対策であるとして、営業実績が前年度比、あるいは数ヶ月前と比べて落ち込んでいることが利用できる条件になっています。事業規模や業種によって様々な支援制度もありますが、それらはいずれも前年実績との比較で落ち込んでいることが条件となっており、相談された方のように4月に事業を開始された方は利用できません。

 こんな時に事業を始めなくても…と言われても事業者によってはかなり以前から準備を進めているものもあるので、そう簡単に営業開始をずらすわけにもいかない事情があります。そういう方が、今の新型コロナウイルス対策の影響で困難になっています。こういう方たちも含めて励まし、支えていく事が政治の役割ではないかと、お話を聞きながら改めて感じました。

 私もお話を聞くにあたり今の制度についてできる限り調べましたが、すぐに利用できて支えとなる制度はなかなか見当たりませんでした。それでもできるだけ詳しく実情をお聞きし、リアルな国民の声が政治を動かす力にもなること、そしてその中身を日本共産党の国会議員や京都府会議員にも届け、そして私も京田辺市で、国会やそれぞれの議会でも提起して、困っているすべての人たちが利用できる制度にしていくためにがんばりたいと思います。
posted by こうじろう at 16:28| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月02日

5月の日本共産党後援会ニュースを発行

DSCN01810001.jpg

 5月の日本共産党後援会ニュースを発行しました。今回は表面が新型コロナウイルス対策の取り組みで、京田辺市に日本共産党市議団として申し入れたことや、市議会として申し入れしたことなどを紹介しています。また日本共産党が4月16日に発表した「感染爆発、医療崩壊を止める緊急提案−外出自粛・休業要請と一体の補償、検査体制の強化と医療現場への本格的財政支援を」とする提案の内容を紹介しました。

 裏面では3月議会で可決した20年度京田辺市予算に関連して、保育定員増員の計画や市政協力員制度の廃止について、新ごみ焼却場環境アセスメントの第3段階、「準備書」の住民への縦覧のことなどを紹介しています。
 この日本共産党後援会ニュースは、ご希望の方にはPDFファイルなどでお届けすることもできますので、ご連絡ください。

 連休もあるのでいつもよりゆっくりと、散歩もかねて配ろうと思います。今日も午前中に少し配りましたが、朝からいい天気で、20〜30分も歩いていると汗をかきますね。
posted by こうじろう at 14:13| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする