2020年01月15日

2020年度予算要求で市長と懇談

DSCN10180001.jpg

 今日の午前中、日本共産党京田辺市議団と上村京田辺市長の懇談を行いました。昨年12月に市長宛に提出した「2020年度京田辺市予算に対する要求書」にもとづいて懇談を申し入れたもので、毎年この時期に市長との懇談をしています。(2020年度の予算要求書については、以前の記事「日本共産党の2020年度予算要求書を提出」をご覧ください。また2020年度予算要求書のPDFファイルはこちら⇒2020年度京田辺市予算要求書

 今回も忙しい中で市長に時間をとっていただき、私たち議員団と懇談しました。最初に私の方から、要求書の「はじめに」でも触れている国政に関わる課題について、「市長は市民の代表でもあり、ぜひ市民の立場から市民の声を代弁してほしい。」と述べて、憲法9条についてなど意見交換をしました。市長からも「憲法9条は今のまま、守っていくべきだと考えている」と述べられました。

 他にも京田辺市の平和施策や、南部地域の課題〜南部住民センター実現の取組み、20年度予算編成方針に関連した民間委託のあり方などについて、懇談をしました。

 議会での論戦とはまた違った率直な懇談になり、有意義な意見交換ができたのではと思います。これからも市民の方から寄せられた声をもとに、それを市政に反映、実現していくためにしっかり取り組みたいと思います。
posted by こうじろう at 16:40| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

京都市長選・福山和人弁護士の応援に

DSCN10000002.jpg

 今日は午後から京都市長選の応援で中京区へ行ってきました。前半は、地域の日本共産党後援会の方と一緒に、「しんぶん赤旗」読者の方などを訪問して、福山和人さんへの支持のお願いで歩いて回りました。どこでもみなさん協力的で、私も「福山さんが市長になれば京都市の政治が変わります。政治が変われば暮らしも変わるし、他の地域の政治も変わります。大激戦となっており、ぜひお知り合の方にも福山さんの支持を広げてほしい」と訴えて回りました。

 中京区の狭い地域の路地の裏裏まで歩いて回りましたが、一緒に回った地域の方から「この地域でも民泊が増えて色々と相談される事も多い」と、「民泊」の施設を教えてもらいました。路地の奥の普通の住宅にしか見えない家が「民泊」となっています。
DSCN09910001.jpg

 上の写真はその一つですが、ぱっと見は普通の家にしか見えませんが、ドアのところにナンバー式のキーボックスが着いています。おそらくインターネットなどでキーボックスのナンバーを伝える事で利用できるようになるみたいで、他の数件の民泊施設でも同じようなキーボックスとかポストにダイヤル錠がついているのが多かったです。

 こんな路地の奥の方にまでどうやってたどり着くのかと不思議な気もしますが、周囲はごく普通の住宅ばかりで、近くにお住まいの方にしてみれば色んな不安を感じるのも無理はないと思いました。

 後半は中京区で、福山さんを応援する「つなぐ京都」のつどいが開かれたので参加させてもらいました。一番上の写真はつどいで発言する福山さんですが、このつどいでは参加した人から身近な要求や困っていることなどを次々と発言して、それに福山さんが答える形式ですすめられました。

 障害者福祉や最低賃金の引上げをどう進めるのかなどの質問に、他の自治体の例をあげて答えられたりしていました。また、京都市ですすめられている消防職員の削減の実態について詳しい方から、職員が減らされて消防の現場で何が起きているのか、詳しい紹介もありました。昨年の台風災害の際には、119番へ通報が集中しすぎて対応しきれなくなり、人的救助以外の要請は直接消防署へ電話してほしいと言わざるえなくなり、しかも消防署でもその電話を受けても、「直には行けないが、必ず行くので待ってほしい」という対応になったところも出るなど深刻な実態が語られ、驚きました。

 福山さんはこれらの会場からの発言中は、熱心にメモを取りながらそれを聞かれていました。また自身がよく知らないことは率直に「知らないので詳しい方がいれば教えてほしい」と述べたりしながら、参加された人たちの発言に真摯に向き合っていました。その姿勢を見ているだけで、市長に相応しい人だと改めて感じました。京都市長選挙は、いよいよ次の日曜、1月19日が告示で2月2日が投票です。福山さんに市長になってほしいですね。
DSCN10110003.jpg
posted by こうじろう at 19:13| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月06日

2020年仕事始め

 今日は仕事始めの日で、朝から京田辺市役所へいき、市の各部局のみなさんをはじめ多くの人と年始のあいさつを交わしました。といってもそう堅苦しいものでもなく、各部ごとにまとまって議会各会派をあいさつに回られるので、私たちはそれを議員団控室で待ち構えている側です。
 部によっては十数人というところもあれば、2,3人で回っているところもあり、30分ちょっとで一通りのあいさつは終わります。

 その後は終日、控室でデスクワークをしていました。昨年末にやり残していた仕事を片付けないといけません。今回は大掃除もしていないので、机の上は12月議会が終わった時のままなので、出ている資料を確認しながら、まずは12月議会のまとめの作成にかかりました。

 今回の年末年始は曜日の関係もあって、市役所へ行くのも一週間ぶりとなり、12月議会のことも遠い昔の様な気がしましたが、あらためて色んな資料に目を通しつつ、12月議会でどういう議論があり、どういう成果や課題があったのかを整理しながら、とりかかりました。それが一段落したら、今度は私が所属している総務常任委員会での細かいまとめの準備にもかかりました。

 正月休みでのんびりし過ぎたせいか、2時間くらい集中して作業しているといささか疲れて30分近く休憩したりして、あまり能率はよくなく、総務委員会のまとめ作業は半分くらいは明日に持ち越しとなりました。他にも年明け早々に用意しないといけない課題もあるので、しばらくはせっせとデスクワークに励む事になりそうです。

 夜には地元の京建労綴喜八幡支部の執行委員会にお邪魔させてもらい、日本共産党京田辺市議団としてあいさつをさせていただきました。私は年末年始にかけて明るみに出たカジノにまつわる贈収賄事件など、自民党安倍政権の下で次々と政治腐敗が起きていることを批判しながら、腐った政治を一掃するために、野党と市民の共闘が大きく広がった事を紹介し、今年最初の大型選挙となる京都市長選でも、共闘の輪が広がっていること、そしてそれに対して自民党、現職陣営も危機感をもって取り組んでいることを述べて、この地域からも京都市長選に挑む福山和人さんを応援して一緒にがんばろうと訴えました。

 やることがたくさんある新年になりますが、しっかりがんばります!
posted by こうじろう at 21:44| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月05日

新年最初の行動

 昨日、今日と担当している地域などで今年最初の日本共産党後援会ニュースの配布に取り組みました。できるだけ声をかけながら配っていると、ところどころで対話になります。年末から明らかになったカジノにまつわる疑惑事件なども話題になり、「本当に今の政治はひどくなっている。今年、総選挙になったら絶対カンパさせてもらうのでがんばって」と励まされました。

 他にも、オオタカの生息が確認されて新ごみ焼却場の建設が遅れていることや、働き方改革の事なども話題になりました。身近な生活の話題もでて、回っていると色々と勉強になることも多いです。
 また歩いて回っていると、小学校低学年の子どもが親御さんと一緒に縄跳びの練習をしている姿をよく見かけました。冬休みが終わったら学校でテストか何かあるのかもしれないですね。

 また2年前に京都府知事選で一緒に奮闘した労働組合の方からは、「知事候補として奮闘した福山和人さんが京都市長選挙に挑戦するのだから、この地域からも応援する行動をやろう」と呼びかけがあり、来週に一緒に知事選挙に取り組んだ団体などの代表が集まって相談することになりました。

 今年は4、5日が土日だったのでいつもよりゆったりできたお正月休みでしたが、明日からは仕事始めです。気分を切り替えて、去年やり残した仕事などはさっさと片付けたいですね。
posted by こうじろう at 16:17| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

2020年 明けましておめでとうございます。

  昨年は春の統一地方選、夏の参院選と大型選挙が連続しました。京田辺市議選では、日本共産党は3議席へ後退するという残念な結果になりましたが、夏の参院選では倉林明子参院議員が京都選挙区で再選を勝ちとることができました。全国的に市民と野党の共闘がかつてない規模で前進した一年でもあり、共闘の力で新たな政治をつくりだす展望はひろがっています。
  一方で安倍内閣は、国民的な怒りを呼び起こした「桜を見る会」に関する疑惑解明に背を向け、昨年秋に消費税10%増税を強行し、さらに社会保障改悪を企むなど、国民に耐え難い「痛み」を押しつけようとしています。
  これからもみなさんと力をあわせ、安倍政治を終わらせ、暮らしを守り願いに応える市政をめざして全力でがんばります。
 京田辺市議会議員 青木こうじろう
DSCN09130001.jpg

 今年最初の日本共産党後援会ニュースを発行しました。今回は新年あいさつと、12月にあったほくりく新幹線環境アセスメント方法書住民説明会の参加報告、12月議会の私の一般質問の報告です。少し文字が多くなりました。今年も地域のみなさんに協力いただき配布します。私も正月休みの散歩をかねて、担当している地域で配布しようと思います。
 この日本共産党後援会ニュースは、ご希望の方にはPDFファイルなどでお届けすることもできますので、ご連絡ください。
posted by こうじろう at 15:02| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする