2017年12月09日

大手製造企業の不正行為の背景にあるもの

DSCN61030001.jpg
DSCN61150001.jpg

 最近、日産自動車やスバル、神戸製鋼、三菱マテリアル、東レなど製造分野の大企業で、品質検査などで不正が行われていたことが相次いで発覚して大きな問題になっています。いずれも名だたる大企業で、一般的には「あそこの製品なら問題はないだろう」と思われるようなところばかりです。

 この問題について「しんぶん赤旗」日刊紙の12月5、6日付に興味深い記事が掲載されました。一つは労働運動総合研究所の常任理事をされている佐々木昭三さんが寄稿された「自動車メーカー不正の背景上・下」です。

 この記事の「上」では日産自動車の例をあげながら、ゴーン会長の「経営者は業績に集中すべきだ」という姿勢の下にひたすら利潤追求に走り「安全より利益」、「信頼より成果」という経営体質が広がったと指摘しています。そして取締役の中に以前は生産管理部長や工場長を兼務する人、いわば生産現場に熟知した人がいたのが、そういう取締役を減らして技術や品質よりも財務を重視する経営戦略があったと指摘しています。
 そうやって業績を上げて、ゴーン氏は20009年以降の累計で80億円を超える報酬を得、西川社長も13億円の報酬を得ていたというのですから驚きです。

 そして「下」では現場の従業員がこれらの不正について「声を上げられない」実態があることを指摘しています。強引な人減らしによって技術継承が衰退したことや、厳しい労務管理、長時間労働の横行で、上司に逆らえない、ものが言えない職場になっていると述べられています。
DSCN61040002.jpg

 そして特に目を引いたのはこの佐々木さんの「寄稿」の「上」が掲載されたそのすぐ横にあった赤旗記者のコラムです。「物言えぬ職場 だれがした」と題したそのコラムは東芝の例を引きながら、1960年代から経営陣が闘う労働組合つぶすために「扇会」というインフォーマル組織(秘密労務組織)を設立して様々な謀略まがいの手法で労働者の自由を監視し抑圧し、物言えぬ職場としてきたことを指摘しています。

 京田辺市でも明治乳業の労働争議がありその支援集会でも、明治乳業経営陣の謀略めいたやり方と、労働者の権利を守ってがんばる労働者への不当な差別と抑圧を聞かせてもらいました。それらの帰結の一つが、製造業の現場での不正につながっているのではないかと改めて感じました。

 佐々木さんの寄稿は最後に「自動車メーカー、大企業にその社会的責任を果たさせるために政治的指導性を発揮できる政治を実現すること」を求めています。まさにその通りだと思います。

 こういう問題の背景にあることも良くわかる「しんぶん赤旗」をぜひ多くの方にお読みいただきたいと思います。「しんぶん赤旗」日刊紙は月極めで購読料は月額3497円、毎週日曜発行の日曜版は月額823円です。ご希望の方は、私またはお近くの日本共産党の議員、事務所までご連絡ください。
 先日開かれた日本共産党第3回中央委員会総会では、来年7月をメドに「しんぶん赤旗」日刊紙の電子版を発行する方針も出されていました。ネットを通じてもお読みいただけるようにもなりますよ。
posted by こうじろう at 14:30| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

2018年度予算要求書を市長に提出

18年度予算要求書表紙.JPG

 今日、日本共産党京田辺市議会議員団として2018年度京田辺市予算に対する要求書を市長に提出しました。この間、党議員団としてこの一年間の市政の状況や市民のみなさんから寄せられた声、私たちの取り組みなどを踏まえて議論してまとめてきたものです。

 要求書は「はじめに」で市長に国政に関わって以下の4点の態度表明を求めています。
@憲法9条の改悪にきっぱり反対し、これに反する安保関連法=戦争法を廃止すること。
A日本政府に核兵器禁止条約の批准を求めること。
B即時原発ゼロ宣言を行い、再生可能エネルギー導入への転換を図ること。
C消費税10%への増税は将来にわたって中止すること。

 そして15の章にわけて合計244項目の要求をまとめました。昨年まで一時的な生活困難に陥った際に市から生活資金を貸し付ける「くらしの資金」「生活更正資金」を年間を通じて利用できるよう要求してきましたが、それが「くらしサポート資金貸付事業」として実現したことから、その上限額の引上げのみの要求に変更しています。

 新たに追加した主な項目では、
◎北陸新幹線京都南伸計画、京田辺市への新幹線新駅設置に反対すること。
◎住民税特別徴収税額通知書へのマイナンバー記載を中止すること。
◎地域包括支援センターの職員体制の充実
◎保育所待機児を解消するための緊急の取り組みを強化すること。正職員の保育士を大幅に増員するとともに、労働条件の抜本的な改善に取り組むこと。あわせて非正規の保育士の労働条件の改善も進めること。
◎枚方京田辺環境施設組合に対し、新たに建設する新ゴミ焼却場の運営を公設公営とするように求めること。
◎既存の公共バス路線について、利用者の利便性を向上させ、維持、充実をはかること。
◎松井山手駅周辺に加え、三山木駅周辺にも、多目的トイレを併設した公衆トイレを設置すること。
などがあります。

 この「2018年度予算要求書」のPDFファイルはこちら⇒2018年度京田辺市予算要求書
 多くの方にご覧いただきご意見をお聞かせ願えればと思います。
posted by こうじろう at 17:40| Comment(0) | 市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

学童保育、学校施設の拡充、北陸新幹線の見直しを要求〜一般質問3日目

 今日は一般質問の三日目で、日本共産党議員団からは岡本亮一、西畑利彦両議員が質問にたちました。

 岡本議員は地元の三山木小校区の学童保育施設がいっぱいになっていることや、同小学校が児童数の急増により体育館、運動場が手狭になっている事を示してその改善、抜本的な対策を求めました。学童保育では専用施設は充実していますが、それだけでは施設が足りずに三山木小の特別教室などを利用していますが、現地調査を踏まえた追及で迫力がありました。運動場の改善でも、三山木小の運動場は児童一人あたりの面積で文部科学省の設置基準を下回っている事を示しての追及でした。
 ただ市教育委員会の答弁は、学童保育施設については学校施設の活用に固執し、新たな施設拡張には背を向けるものでした。

 西畑議員は北陸新幹線の問題についてとり上げました。巨額の地元負担が予想される事や京田辺市のまちづくりにとって大きな負担となることから計画の中止を求める立場から議論しましたが、市当局の答弁は京都府が京田辺市周辺の工業用地開発や宅地開発などで大きな経済効果があると試算しているとして「多額の費用がかかってもそれに見合った効果が得られる」と強弁しました。

 この点では北陸新幹線京都南伸計画を強引に進めている京都府の責任は重大だと思います。そして新幹線新駅設置の見直しを求めるべきだと迫りましたが、「新駅は国がしっかりと検討された結果、京田辺にもってくることになったのであり、本市から見直しを求めることはない。」と述べています。

 事実経過を見れば今年の初めまでは京田辺市ではなく精華町へという計画であったのが一転して京田辺市に決まったのであり、とても「国がしっかり検討した」とは言えないことは明らかで、市の答弁も強引なものだと思います。
 これらの点は今後も日本共産党議員団として、取り組んでいきたいと思います。
posted by こうじろう at 19:09| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

避難所運営訓練の積極面をとり上げました〜一般質問二日目

DSCN61070001.jpg

 今日は12月議会一般質問の二日目で、私も2番目に質問にたち、4つのテーマで質問しました。

 今回は最初のテーマである避難所運営訓練について、その積極的な内容などをできるだけ紹介しながら、今後さらに充実させていくためにどうするかという角度からとり上げるように心がけました。
 自分ではある程度、出来たと思うのですが、一週間くらいたてばインターネットを通じて録画配信されるので、それをご覧いただき、ご意見を聞かせてもらえばと思います。

 原発事故対応に関しては、質問を準備する中で改めて政府が色んな課題をなおざりにしたまま「再稼働ありき」になっていることを痛感し、再質問ではそのことを強く批判する議論になりました。準備していた時にはそこまで踏み込む予定はなかったのですが、自分で質問してても国の無責任な対応はあまりにひどいと感じて厳しく迫る事になりました。

 地域の課題では二つとりあげ、その進捗状況などを確認しました。いずれも数年前から求めているものですが、具体的な形になるには本当に時間がかかります。
 今日の私の一般質問の詳しい内容については、また改めてここで紹介したいと思います。

 夜には「新しい京田辺市をつくる市民の会」の幹事会が開かれました。11月19日に、民主府政の会京田辺・綴喜連絡会と共催で「こんな町だったらいいな〜京田辺・綴喜の明日を語る懇談会」を開き、それぞれの団体や地域で取り組んでいる要求運動などを互いに交流する企画を持ちましたが、その感想などを互いに出し合いながら、今後の運動についてみなさんと相談しました。
posted by こうじろう at 20:55| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

就学援助・入学準備金の入学前支給を表明〜一般質問が始まる

 今日から12月議会の一般質問が始まりました。日本共産党議員団はこの間、就学援助のうちの「入学準備金」の支給について、入学年度の6月末になっている状況を改善し、入学前に支給するよう毎議会の一般質問で求めてきました。12月議会ではこの課題について、日本共産党では増富議員が今日の質問でとり上げていますが、他の2会派の議員もとり上げており、今回は3人の議員がとり上げています。

 そして今日、この課題で最初に質問した一新会の松村議員の質問に対し、山口教育長が答弁に立ち、2018年度の入学生から「入学準備金」について入学式までに支給できるようにしていく、と表明しました。今日の最後の質問にたった増富議員にも同様の答弁がありました。
 まだ幾つかの課題は残されているようですが、長年取り組んできた要求が一つ実現できて良かったと思います。

 なお松村議員は中学校給食の課題についてもとり上げており、「中学校の昼食について市民ののぞむ形で実施するには多額の財源も必要だが、それを踏まえて市長として早期に決断してほしい。」と求め、市長から「方式にはそれぞれメリット、デメリットがあるが、良い昼食の実現に向け早い時期に決断していきたい」、「予算面など色んな課題がある、財政面の課題も検討しながら結論を出したい。大きな事業だと思っている。」と答弁がありました。

 これまで一新会はデリバリー弁当方式にこだわって中学校給食の実施には消極的だったと思いますが、市民の声に押されて市長に給食実施を迫らざるを得なくなったのではないかと感じました。

 また松村議員が所属する一新会は3月議会の会派としての代表質問で北陸新幹線京都南進計画を積極的に推進する態度を表明し、松井山手周辺に新幹線駅設置が発表されて以降もそれを歓迎する態度を表していました。今日の松村議員の質問ではこの新幹線新駅設置について、松井山手周辺ではなく京田辺市の中心部、JR京田辺駅周辺に引っ張ってきてはどうかと提案していました。

 市長からは「意見として聞いておく」というそっけない反応でしたが、北陸新幹線京都南進計画を歓迎、推進している人たちの間でも新駅設置場所について違う意見があることは、この計画がいかに地域の要求や実情と無関係に進められてきたかを表しているようで興味深く議論を聞いていました。

 他にも同僚の横山議員の介護保険や保育士確保の議論など大事な議論もありました。これらの一般質問の議論をこれからの議会活動でもさらに深めていく事も必要だと思いました。
posted by こうじろう at 19:30| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする