2018年02月20日

3月議会が開会〜予算特別委員としてがんばります

DSCN65690001.jpg

 今日の午後、3月議会の開会本会議が開かれました。初日の今日は、今後一年間の市長の市政運営の基本を示す「施政方針」演説がありました。「施政方針」も議案とともに文章で各議員に配布されており、それを読みながら市長の演説を聞きます。

 最初に「基本認識」があり、日本の社会情勢全体についての市長の見解が示されるのですが、その部分はごく短く1ページちょっとしかなかったです。この一年間、世界と日本に目をやれば核兵器禁止条約に圧倒的多数の国々の賛成で実現しその批准、発効に向けた期待が大きく広がっている事や、憲法9条改悪をたくらみ、原発再稼働を強行する安倍内閣の暴走政治をそのままにしてよいのかなど、大事な問題は少なくないと思いますが、それらに対する市長の見解はありませんでした。

 また全部でA4サイズで19ページの施政方針には、市民の暮らしがどうなっているのかに触れた部分が一切ないのも問題だと思います。労働条件の悪化や社会保障の相次ぐ改悪で市民の暮らしは厳しさを増していますが、その点での市長の認識が示されないのは残念です。

 施政方針に続いて、3月議会に提案された議案や各予算案の提案説明などがありました。新年度に向けた市の方針を見ると個々には市民の暮らしを守り願いに応えた市政を進める上で積極的なものもあります。国保税の急激な負担上昇を抑えるための財政的努力や、中学校給食の実施に向けて取り組むという事も明言されています。

 また一年前に大きな問題になった、保育所の待機児について今日の時点で担当部長から、30年度は1385人の申込みがあり、まだ希望する保育所以外への入園などの調整中ではあるものの年度当初には待機児を出さずにすむのではないかという見通しが述べられました。この点も大事なことだと思います。

 市当局の各予算案の提案説明などを受けて、各予算案を審議するための予算特別委員会が設置されました。7人の委員で構成し、日本共産党議員団からは私と同僚の横山栄二議員が予算委員になります。

 3月議会は来週には市長の施政方針に対する各会派の代表質問があり、その後に一般質問と各常任委員会の審議があり、3/12から予算特別委員会の審議が始まります。
 2月は短くすぐに終わりそうだし、知事選挙の取り組みもいよいよ本格的になってきて3月は忙しくなりそうですが、市民のための市政の推進のためにも全力でがんばります。
posted by こうじろう at 20:06| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

京田辺・綴喜地域の民主府政の会代表者会議

 今日の夜、京田辺・綴喜地域の民主府政の会代表者会議がありました。私も参加し、一昨日の夜に京都市内で開かれた民主府政の会の内容を紹介しながら、みなさんと今後の取り組みなど相談しました。

 私たちが府政学習会を開いた2/10の夕方、知事選挙へ立候補を表明された弁護士の福山和人さんは、現在自らのツイッター福山和人で取り組みなどを発信されています。

 それを見ると昨日、2/18に「福ちゃんとつながるミーティング」に開催されたようで、その様子は「つなぐ京都」フェイスブックページに動画付で紹介されています。

 福山和人さんは明後日、京都市内で民主府政の会が開く集会にも参加し、支援の呼びかけをされ、早ければ今週末くらいには自らの選挙確認団体を発足されるそうです。

 これらを踏まえて私たちの取り組みも早急に盛り上げていこうと相談し、3月3日の府民大集会を大きく成功させることや、3月11日の午後に京田辺市・綴喜地域の事務所開きをすることなどを相談しました。
 もう2月の下旬にさしかかろうというのにいつまでも寒い日が続きますが、寒い寒いとばかり言っていられません。府民の暮らしを守る京都府政めざして、しっかりがんばろうと思います。
posted by こうじろう at 21:45| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

国保広域化の問題点が明白に〜民主府政の会地域代表者会議

 今日の夜、京都市内で民主府政の会の地域代表者会議が開かれました。私も京田辺・綴喜連絡会の事務局の一員として参加しました。報告では、弁護士の福山和人さんが10日に春の府知事選挙への立候補を表明されて以降の、広範な市民や団体との共同の広がりや、民主府政の会として今後、どういう形でその運動に取り組むのかなどの方針が提起され、議論が行なわれました。

 告示まであと一ヶ月わずかという短い期間の取り組みになることや、新しい共同の広がりや、立候補の表明などがあり、これまでの知事選挙の取り組みとは違うイメージになりそうで、私たちの運動にももっと工夫が求められていると感じました。

 全体の会議のあとに、府南部地域の連絡会の代表が集まって、3月3日(土)午後2時から、城陽市文化パルクで開く「府民大集会」の内容などについて相談しました。各地で知事選挙の争点にかかわる問題や、住民の運動などを多くの人に知ってもらうためにどうする加などの相談もしました。
DSCN64990001.jpg

 その中で4月からの国保広域化=都道府県化の状況についても話題になりました。京田辺市の状況はここでも紹介したとおり、広域化によって国保税が10〜20%の大幅引上げが予想されるものの18年度については市独自の財政措置をとって国保税を引き上げずに据え置くというものです。

 他の自治体の状況をわかる範囲で聞いてみると、従来から府内で国保税・料が最高水準の高さだった八幡市では引き下がるそうですが、木津川市や久御山町では18年度から引き上がるそうです。おそらく府内では他にも引上げとなる自治体が出ると思います。京都府は1月末にあたかも府内全自治体で国保税・料が引き下がるような意図的な試算を公表しましたが、引上げとなる自治体では「でたらめな発表だ」と批判の声が上がっているそうです。

 京田辺市では国保税は据え置くものの、広域化=都道府県化という制度変更にともない国保関連の条例改正が行なわれます。その改正議案を丁寧に読み込むと、今後、国保の事業に京都府が果たす役割が格段に重要となることが明白になります。
 その最もよい例が国保税条例の改正です。これまでは「国保税」は「国民健康保険に要する費用に充てる」となっていたものが、「府への納付金の納付に要する費用に充てる」とその性格が変わることが文言でも明確になります。

 また国民健康保険条例の第1条にある目的も、これまでは「国民健康保険について」と言っていたものを「国民健康保険の事務について」と変更し、あわせて第2条で現在の運営協議会の名称を「国民健康保険運営協議会」から「市の国民健康保険事業の運営に関する協議会」に変更します。

 これまでは「国民健康保険」と言えば市町村だけの事業であったのが、今後は都道府県も加わる事から「国民健康保険の事務」と言い換えることになるものです。ただ一方で運営協議会の名称には「国民健康保険事業」となっています。
 何故、「事務」と「事業」と二つの言葉を使い分けるのでしょうか。個人的には「事業」というとその方針などを自主的に定めて進めるイメージがあり、「事務」となると上のほうで決められた事を粛々と進めるだけというイメージがあります。

 市の担当課に聞いたところでは「事務」と「事業」の使い分けについて京都府が示した例文にしたがっているそうで、そこでは「事務」と「事業」の違いについての説明は特にされていないそうです。それならば第1条の目的でも「国民健康保険の事業について」とすべきだと思います。広域化されても、各市町村の国保税額はそれぞれの自治体が独自に決める事になっているし、地方分権の考え方からいってもその方がいいと思います。

 今後は国保は京都府が仕切るんだ、と言っているようでどうなのかと思うし、そんな態度の京都府政では住民の声に背を向けることになるのではと思います。
posted by こうじろう at 21:58| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

議員報酬引上げのための手前勝手な議論でいいのか

 今日は午後から議会運営委員会がありました。通常なら14日の一般質問通告の締め切りを受けて、提出のあった議員の質問順番の確認が主な内容で、すぐに終わるのですが、今日の議会運営委員会では、前回までの議会運営委員会で、公明党の議員が提起した議員報酬の引上げについての議論が行なわれました。

 私は日本共産党議員団を代表して、市民の暮らしが厳しくなっており、しかも様々な増税や社会保障改悪による負担増が強行される下では、議員報酬を自ら引き上げる事に市民の理解を得られないと述べて、反対する立場を表明しました。

 しかし公明党や一新会、みらい京田辺(民進党系)の3会派はそろって議員報酬を引き上げるべきだと主張しました。公明党や一新会が報酬引上げの理由に挙げているのは、3年前の市会議員選挙が無投票であったのは「議員報酬が低くて魅力がないからだ」と述べています。またみらい京田辺の議員は「現在の報酬額では可処分所得で見ると生活が厳しい。他の同規模自治体と比べても京田辺市は低いと思う。」として報酬引上げを主張しています。

 京田辺市の議員報酬は条例で定められており、現在は月額37万5千円となっています。期末手当などを含めればここ2,3年の変動はありますがだいたい年収では580万円くらいになります。年間所得で見れば、おおよそ400万円くらいであり、京田辺市の1世帯あたりの年間所得を上回っています。個々の条件にもよりますが、私はこの額は現在の社会状況からみてもけして低いとは思いません。

 また前回の市議選が無投票であったのは事実ですが、その理由を「議員報酬が低いからだ」とするのもあまりに短絡的な議論だと思います。何よりも前回の市議選が無投票になった経過にもあいません。3年前の市議選の2ヶ月くらい前までは、定数20人に対して現職・新人も含めて有力候補で21名の名前があがっており「1人落ち」の少数激戦になると見られいました。それが当時の現職の府議が所属政党は再出馬すると公表されていたにもかかわらず、いきなり市長選挙への転進を表明し、そのためにその政党が新人市議候補だった人物を府議候補として擁立したために、選挙の直前になって定数と同数の候補者になっています。

 この経過自体は、それぞれの政治家、政党が自らの判断と考えにもとづいて為されたものであり、良いも悪いもありませんが、少なくとも市議選の直前までは誰もが少数激戦の選挙戦になると予想していたものです。
 それをあたかも「議員報酬が低かったから無投票になった」と言うのは、報酬引上げの為にする議論であり、手前勝手な議論だという批判を免れないと思います。

 また各種の増税や社会保障改悪による負担増で可処分所得が下がり生活が厳しくなっている事は否定しませんが、「だから議員の報酬を引き上げるべきだ」ということになるでしょうか。生活が厳しくなっているのは、市民全体にかかわることであり、しかも直接的には議員が議会で議決した予算や条例などによってもたらされています。そういうものである以上、「議員も生活が厳しいから報酬引上げを」という態度ではなく、市民全体の負担軽減のためにこそ努力すべきだと思います。

 また今日の議論で公明党の議員は「政務活動費も廃止してその分も議員報酬に足して引き上げたらよい。」とも主張していました。政務活動費は、議員としての活動の必要経費として出されているもので、京田辺市では議員一人あたり年額18万円と条例で定め、その使用にあたってはきちんとルールをつくり領収書もすべて提出し公開するようにしています。
 それを議員報酬に上乗せしてしまえば、「議員活動のために必要だから」と無原則な報酬引上げの道を開く事になるばかりか、現在の領収書添付・公開などの透明性向上のルールをも投げ捨てる事になると思います。

 報酬引上げを主張する会派は「報酬を引き上げるのだから、議員定数を減らせばよい」とも述べています。議員として、議会として、どのような活動をして市民の負託にこたえるのかという議論を省略して議員の数を減らそうというのは、かえって市民を遠ざけることにもなると思いますし、議員定数削減はむしろ無投票を誘発する要因ともなります。京田辺市でも前回市議選は定数削減直後の選挙で無投票になっています。

 このような議員報酬引き上げありきの手前勝手な理由をあげる様なやり方は到底、市民の理解を得ることはできないと今日の議論を通して改めて思いました。
posted by こうじろう at 18:14| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

京田辺市老人クラブ連合会創立50周年記念大会

DSCN65780001.jpg

 今日は京田辺市老人クラブ連合会の創立50周年記念大会が開かれ、私も案内をいただき来賓の一人として出席させてもらいました。オープニングでは「同志社グリークラブ」のみなさんによる合唱が披露されました。グリークラブの方が自己紹介されていましたが、「同志社グリークラブ」は1904年創立で今年で114年目となるそうです。長い歴史の研鑽を感じさせる、素晴らしい合唱でした。

 私たちは祝辞や役員表彰など記念式典までで退席させてもらいましたが、会長の挨拶もお聞きして、地域に根ざして住民同士の繋がりを培ってこられた老人クラブの活動の大事さを改めて感じました。

 大会ではその後も元滋賀県知事の国松さんによる記念講演があり、午後から、いきいき体操、カラオケ、フラダンスや漫才・大道芸のステージを楽しまれたようです。参加されたみなさんが何時までも元気でご活躍されるといいですね。
posted by こうじろう at 16:51| Comment(0) | 議会の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする