2017年05月20日

17年度の避難所運営訓練は2ヶ所同時実施へ

 京田辺市の17年度予算で実現したことの一つに、避難所運営訓練の2ヶ所同時実施があります。京田辺市では2013年度から、それまでの総合防災訓練のあり方を大幅に見直し、より実践的な避難所運営訓練を実施することにしています。これまでに薪小、田辺東小、大住中、培良中の4つの避難所で、それぞれ各避難所へ避難することになっている地域を対象に実施されてきました。

 事前に市の防災担当部署と対象地域の自主防災会や区・自治会などと相談しながら、当日は大地震が発生した想定で、地域の住民が各避難所へ集まってきて、避難所運営などの班分けや避難所設営などをすすめるもので、私も毎年見学してここでも紹介してきました。

 住民自らが避難所運営を担うとはどういうことか、わかりやすく体験できるもので重要な取り組みだと思います。ただこの4年間は1ヶ所づつの開催となっており、その分、市職員による支援なども集中して受けられる点もありますが、実際の災害発生時には市内14ヶ所ある広域避難所をすべて開設することになるだろうし、そうなると市の支援や助言などがどれだけあるのかもわかりません。

 それでこの間、議会で今後、避難所運営訓練の複数同時実施にう取り組んではどうかと提案してきました。(詳しくは以前の記事「避難所運営訓練を同時に複数箇所で実施をと提案 15年決算審議から3」と「避難所運営訓練の同時複数開催を 12月議会の一般質問から2」をご覧ください)
 複数同時実施には色々な課題もありますが、より実践的にそして教訓を得るためにも大事なことだと思い提案してきました。

 これがようやく実り、17年度の避難所運営訓練は、田辺高校と草内小学校の2ヶ所で同時実施するとのことです。市の担当部署も努力され、地域の皆さんの協力も得られることになったそうで、この点は良かったと思います。そしてこの取り組みをさらに良いものへ発展させていけたらと思います。
posted by こうじろう at 12:55| Comment(0) | 市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

共謀罪を許すなと19日宣伝

DSCN41730002.jpg

 今日は19日宣伝行動の日でした。午後に安倍内閣、自民、公明、維新は衆議院法務委員会で共謀罪法案の採決を強行しましたが、そのことに対する怒りの声が次々と語られる宣伝署名行動になりました。

 私もハンドマイクで訴えさせていただきましたが、改めて共謀罪法案がこれまでに3度にわたり国会で廃案になった経過を紹介しながら、国民の権利を奪い戦争する国づくりへ突き進む安倍内閣の暴走を止めようと呼びかけました。

 宣伝にはおよそ20名の方が参加され、共謀罪反対の署名にも取り組み1時間の行動でしたが約40人分の署名が寄せられました。強行採決を受けて市民の怒りと関心が高まっているのをひしひしと感じる行動でした。

 ビラをまいている最中には通りすがりの男性から「治安維持法の再来とか言っているようだが、どういうこと?」と声をかけられ10分くらい対話も弾み、安倍内閣の下で「教育勅語」賛美の動きが強まっていることなども紹介し、まさに安倍内閣が行なっていることは、日本を戦前のように戻すことだと意気投合しました。

 新田辺駅西口での宣伝行動でしたが、今日はとても天気の良い、日差しのきつい一日でした。午後4時からの宣伝でしたが、訴える場所は後ろから太陽が直接あたり、おまけに駅建物のガラス張りのおかげで正面からもまぶしいほどの照り返しがあって暑くて大変でしたが、安倍内閣の暴走を許さず、共謀罪法案を廃案に追い込むためにしっかりがんばります。

 ところで今朝は松井山手駅で定例の早朝宣伝でした。ツバメの巣では相変わらず抱卵が続いていて、今日はほぼずっと巣の中に1羽はいて卵を温めていました。抱卵を始めてそろそろ一週間ですが、孵化はいつごろなのか楽しみですね。
DSCN41660001.jpg
posted by こうじろう at 18:17| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

松井ヶ丘幼稚園から大住ふれあいセンターまで遊歩道の整備計画

DSCN35550002.jpg

 2017年度京田辺市一般会計予算では、山手東地域の東端にある松井ヶ丘幼稚園前の道路(現在は行き止まりになっています)から、大住ふれあいセンターの裏手の方まで、JR線路沿いに遊歩道を整備する事業計画が計上されています。

 上の写真はその遊歩道を市道として認定する議案の資料に添付されていたものです。市道の正式名称は「山手東上西野線」で全長760.9mになりますが、松井ヶ丘幼稚園より西側の部分は既存の市道です。そこから今は行き止まりとなっている松井ヶ丘幼稚園から、竹やぶなどを切り開いてJR線沿いに東の方に向かって遊歩道が整備されます。

 17年度一般会計で予算計上されたのは用地買収費で8900万円(債務負担行為含む)です。担当課に概要などを聞いたところでは、思ったより距離もあるので用地も一定の額が必要になったそうです。

 肝心の完成時期ですが、現在はまったくの竹やぶなどを切り開いてつくっていくことになり、用地買収後に粗造成工事に1年で本工事に2年として3年くらいを見ており、今のところ、2020年度末までに完成させたい、ということでした。
 確かに竹やぶなどを切り開くことになるので、工事期間が長くなるのは仕方ないですが、出来るだけ早く完成させてほしいですね。
posted by こうじろう at 17:51| Comment(0) | 市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

「新 自治体民営化と公共サービスの質」を読んで

DSCN23830001.jpg

 今回読んだのは、自治体研究社から出版された「新 自治体民営化と公共サービスの質」という本で、著者は東京で弁護士をされている尾林芳匡さん。自治体民営化と一口に言っても様々な手法があります。古くは業務委託という形が一般的でしたが、十数年くらい前から自治体が取り扱う業務のほぼすべてを「民営化」の対象とするかのような動きが政府を中心に強められました。本書で具体的に触れられているものだけでも、指定管理者制度、PFI、地方独立行政法人、構造改革特区、市場化テスト、などあります。

 弁護士の尾林さんがなぜ、多種多様な手法で進められている自治体の民営化について、何冊かの著書を出されるほど詳しくなったのでしょうか。そのきっかけは「民営化」によって職を失った公務労働に携わる人たちからの労働問題に取り組まれるようになったから、と以前にお話しされていました。

 本来、各種の法律や条例を遵守し、働く人の権利を尊重し擁護することが最も当たり前でなければならない地方自治体の現場で、働く人が弁護士と一緒に労働争議に取り組まざるを得なくなる、この経過自身が「自治体民営化」の本質的問題点の一つを表していると思います。

 本書を読むと著者自身もそのことについて指定管理者制度に触れたところで「公の施設の管理を担う人、働き手の雇用や労働条件を著しく不安定にすることにより、民間事業者が収益をあげていく仕組み」とズバッと指摘されています。

 また本書を読むと「自治体民営化」の問題点がそこで働く人たちの労働問題だけでなく、そこに住む住民の様々な利益と反する面を多く持つことも示されています。元来、公共サービスとして地方自治体が行ってきたことものについて、そうするだけの理由があったにもかかわらず、「民間の方がともかく良い」と金科玉条のごとく民営化を推し進めることのおかしさ、矛盾について考えるきっかけになりました。

 地方自治体における「民営化」は今も様々な場面で、様々な方法で進められようとしています。それらにつってもっと徹底して勉強していくことの重要性を本書を読んで改めて感じました。
posted by こうじろう at 16:53| Comment(0) | 議会の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

精華町議選は4人全員当選。夜中のツバメの巣2。夕焼け。

 14日投開票で行なわれた精華町議選で、日本共産党の4人の候補者は全員当選することができました。昨日の夜はその報告集会も兼ねた日本共産党山城地区委員会の会議が開かれ、4人の町議の方たちがそれぞれあいさつされました。

 今朝は定例の松井山手駅の早朝宣伝です。今日は駅西側で宣伝していたので、東側の方にあるツバメの巣は遠目にしか見れませんでしたが、やはり抱卵が始まっているのか、一度巣に入ると20分間くらいはじっとしているようです。ただ四六時中、どちらかが巣に入っているというようでもないようで、時に10分間くらいは巣が空になっていることもあります。

 ところで今日の夜に散歩がてらツバメの巣を見に行って気がついたのですが、抱卵が始まったためか、夜中は巣の中に2羽とも入ってて卵を温めているようです。以前に「夜中のツバメの巣」で紹介した時には、夜に巣に入っているのは1羽だけでもう1羽は巣の外に止まっていましたが、今は巣の外にはツバメは見当たりません。
DSCN41590002.jpg

 下から見ているのでよくわからないのですが、しげしげと見ていると、どうも2羽とも巣の中に入っているようです。上の写真がついさっき撮ってきたものですが、よく見ると1羽のときよりも巣の上が盛り上がっているようだし、反対側に回ったりして尾っぽを見ると尾っぽの先も2羽分、見えるような気がします。抱卵が始まると夜中などは2羽そろって温めるのですかね。

 下の写真はオマケで、昨日のものですが夕焼けがあまりにきれいだったので撮ったものです。臨時議会が終わって片付けなどをして、精華町議選の報告の会議に向かおうとして市役所5階から外を見たらきれいな夕焼けでした。夕暮れの写真なのでなかなか上手く撮れませんでしたが、どうでしょうか。
DSCN41490001.jpg
posted by こうじろう at 22:44| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする