2018年02月14日

一般質問は3/6午前10時からに

 今日のお昼に3月議会の一般質問通告が締め切られました。今回は9人の議員が通告書を提出し、私は一般質問三日目となる3月6日(火)の1番目、午前10時から質問にたちます。
 3月議会では、市長の施政方針に対し各会派が行う代表質問もあるので、いつもより一般質問通告をする議員は少ないですが、それでも今回は少ないですね。

 日本共産党議員団からは代表質問には横山栄二議員がたつ予定で、横山議員以外の4人の議員は全員が一般質問を行います。暮らしを守り願いに応える市政を前進させるためにしっかり議論していきたいと思います。

 私は今回は市民に開かれた市政の促進、市民参画にかかわる課題や、中学校給食について、北陸新幹線京都南伸計画の中止、市財政見通しの4つの柱で質問する予定です。3月議会は質問通告から、実際の質問日まではけっこう日にちがあくので、その分、良い質問になるよう努力したいと思います。
 私が提出した一般質問通告は以下の通りです。

2018年3月議会 青木こうじろう 一般質問通告
(1)市民に開かれた市政の促進について
 市政への市民参画、市民に開かれた市政の促進は地方自治にとって重要な課題である。
@この点で、市政にかかわる様々な情報を積極的でわかりやすく伝える情報公開の取り組みと、幅広く多様な市民の声を広く聞き反映させる取り組みの二つが重要であると考えるが市の基本的な方針を明らかにされたい。

Aパブリックコメントの現状と課題について、市の認識を明らかにされたい。またパブリックコメント以外にも、「市政懇談会」の開催など、市民の声を積極的に聞く取り組みをすべきと考えるが市の見解を明らかにされたい。

B様々な審議会において、市民公募委員の積極的な導入を図るとともに、それらの審議会での資料や議事録などの情報公開をより徹底させるべきと考えるが、市の見解を明らかにされたい。

(2)中学校給食について
 今日、本市でも中学校給食を実施すべきという声は大きく広がっている。
@中学校昼食検討委員会は3月に提言を出す予定との事だが、その提言を踏まえた市の対応、方針について問う。

A中学校給食の実施にあたっては、安全で温かくておいしい、豊かな給食を提供すべきであり、そのために小学校と同様の方式を基本とし、栄養士を配置して、市直営の自校調理方式が望ましいと考えるが、市の見解を明らかにされたい。

(3)北陸新幹線京都南伸計画、新駅設置は中止を
@北陸新幹線京都南伸計画、松井山手周辺への新駅設置について、本市に関わる具体的な財政的な影響、新駅建設の地元負担及び新駅周辺整備事業の負担額と、新幹線整備によってもたらされる本市の税収増の見込み額の、予測について明らかにされたい。

A北陸新幹線京都南伸計画、新駅設置は中止すべきと考えるが市の見解を問う。

(4)市財政の見通しについて
 本市では今後も、地域の公共施設の整備や学校などの整備など、各種の事業が必要と見込まれている。それらの具体的な事業に対応するため、それぞれの事業ごとの経費、財源見通しなどを踏まえたの中長期の財政見通しを計画などの形で明らかにすべきと考えるが、市の見解を明らかにされたい。
posted by こうじろう at 18:17| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

幼稚園全保育室にクーラー設置へ〜18年度市予算案を公表

DSCN65690001.jpg

 今日は午後から京田辺市の3月定例市議会に向けた議会運営委員会がありました。ついこの間、12月議会が終わったような気がしますが3月議会は市長の施政方針演説とそれに対する代表質問、予算特別委員会もあるので、いつもより早く始まります。

 今日の議会運営委員会では市長より3月議会に市が提案する条例案などに加えて、18年度一般会計予算案などが概要の資料と一緒に公表されました。上の写真が議会運営委員会で配布された資料でかなりの分量があります。それをこれから読み込んで分析していかないといけないですが、ざっと見て市民の願いが実現しているものもあります。

 その一つが一般会計予算案に盛り込まれた、市内の公立幼稚園のすべての保育室にクーラーを設置するための予算です。これまで公立幼稚園には2〜6室くらいの保育室がありその内、クーラーがあるのはだいたい各幼稚園1つの保育室にとどまっていました。それで多くの保護者からすべての保育室にクーラーをという要望が出されていました。

 私たち日本共産党議員団も昨年の春に取り組んだ子育て支援緊急要望署名では、中学校給食の実施、保育所待機児の解消と並んで公立幼稚園の全保育室にクーラー設置を、と掲げて取り組み、議会でも何度もとり上げてきました。それが今回、実現することになりよかったです。
 なお今日の議会運営委員会で確認された3月議会の日程は以下の通りです。
      3月議会 日程
2月20日(火) 午後1時半〜 開会本会議
  28日(水) 午前10時〜 本会議 代表質問
3月 2日(金) 午前10時〜 本会議 一般質問
   5日(月) 午前10時〜 本会議 一般質問
   6日(火) 午前10時〜 本会議 一般質問
   7日(水) 午前10時〜 総務常任委員会
   8日(木) 午前10時〜 文教福祉常任委員会
   9日(金) 午前10時〜 建設経済特別委員会
  12日(月) 午前10時〜 予算特別委員会
  13日(火) 午前10時〜 予算特別委員会
  15日(木) 午前10時〜 予算特別委員会
  20日(火) 午後1時半〜 予算特別委員会
  22日(木) 午後1時半〜 議会運営委員会
  26日(月) 午後1時半〜 議会運営委員会
  28日(水) 午後1時半〜 閉会本会議

 夕方は民主府政の会京田辺綴喜連絡会の定例宣伝に、新田辺駅西口で取り組みました。今日も風が冷たい中でしたが、私は先週末に弁護士の福山和人さんが京都府知事選に立候補表明された事を紹介しながら、弱者の立場に寄り添い、政治の光を隅々にあてる京都府政をつくろうと訴えました。
DSCN65730001.jpg
posted by こうじろう at 19:46| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

多くの労力を要する北陸新幹線の準備 2017年日本共産党議員団会派視察報告2

DSCN56390001.jpg

 今日の記事は2月9日の記事「新幹線整備のまちづくりは30年がかり 日本共産党議員団会派視察報告1」の続きです。

 前の記事で紹介したように福井市では北陸新幹線のためだけとは言いがたい事業も大規模におこなわれているので、単純に新幹線のための地元負担がいくらになったかは具体的には出てきません。
 ただ福井駅の全面的な建て替えのための費用は、新幹線駅設置の地元自治体負担として拠出しています。研修の折にその額はいくらかになったのか質問しましたが、担当の方からは「公表していないので」と言われわかりませんでした。

 北陸新幹線についての受けとめなども質問させていただきました。その中には日常の生活交通についての質問もあります。私たちも福井市の後、次の視察先である富山市へ移動しましたが、その際は福井〜金沢間は特急で行き、金沢で北陸新幹線に乗り換えて富山へ着いています。北陸地方の主要都市である福井〜金沢〜富山の移動は、北陸新幹線以前は特急一本ですが、新幹線後は福井〜富山間は金沢での乗換えをしなければなりません。

 これについては担当者の方から「生活交通への支障について、住民の不便にならないようにしないといけないが、そのデータを積み上げているところ。どれくらい利用があって、どういう人が利用するのか、など議論してる。」と紹介されるとともに、「特急を残せという声もあるが、新幹線を持ってくるからそれを言わない、という約束をしている面もある。得るものが大きいのでやむを得ない。」とも話されていました。

 ちなみに福井市での視察で説明をしていただいた部局は、総合的な政策を担当する総務部から「総合政策課」、都市整備・建設関連の都市戦略部から「駅周辺整備課」「都市整備室」「新幹線推進室」とあわせて4つの部局でした。新幹線に関する具体的な業務を担う「新幹線推進室」は6年前に設置され職員数は10人とのことです。
 視察の中ではまちづくりという点から商業振興、地域経済のことも出てきて、それらの課題でも簡単ではありましたが福井市の取り組みを説明していただきました。

 様々なお話をうかがう中で、新幹線駅をつくることはかなり巨大な事業であることを改めて実感しました。福井市では北陸新幹線について「東京との距離感で、時間が現行より30分近く短縮し、乗り換えもなくなり1本で東京にいけるという説明をして、住民の理解を得た。」とも言われていました。そういう議論を重ねながら、30年がかりのまちづくりに取り組んでいる姿勢には学ぶべきところもあります。

 同時にいまの京田辺市にとって、本当にこれだけ大きな労力、エネルギーを費やして北陸新幹線をつくる必要があるのかという点での疑問もいっそう感じる事になりました。これらの点を今後の私たちの活動にもいかしていきたいと思います。

(この項は終わりです)
posted by こうじろう at 17:09| Comment(0) | 議会の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

第41回二月堂竹送り。憲法カフェ。

DSCN65010001.jpg

 今日は朝から復活されてから第41回目となる二月堂竹送りに行ってきました。去年は道中祈願の後、奈良・東大寺二月堂へ奉納するところまでついて行きましたが、今年は例年より少し早く行き、寄進する竹を掘り起こすところから見学しました。普賢寺地域から二月堂へ寄進される竹は毎年8本です。その内、6本までは前日までに掘り起こして道中祈願をする観音寺にすでに運ばれていますが、残る2本は目印だけつけておいて、竹送りのその日の朝8時頃から掘り起こして運びます。
DSCN65020002.jpg
DSCN65030003.jpg
DSCN65050004.jpg

 掘り起こす場所は休憩所となっている普賢寺ふれあいの駅から5分くらい歩いた竹林の中です。けっこう急なところもありますが、寄進する竹のところで大勢の人が見学できるようになっています。
DSCN65130005.jpg
DSCN65290006.jpg

 ご覧のようにかなりの高さまで伸びている竹を、根っこの部分を直径30センチくらいの球状にして掘り起こします。ある程度、掘り起こすと竹を前後に揺さぶったりするので、けっこうな見ものでもあります。そして掘り起こした後にその場で、根の部分からだいたい7mくらいの長さのところを切って運び出します。
DSCN65370007.jpg

 掘り起こして7mくらいになった竹は、竹林から下の道路までは松明講のみなさんが運びます。そして道路からふれあいの駅、そして道中祈願をする観音寺、観音寺から近くのトラックまでは見学など誰でも担いで運ぶことができます。
DSCN65430008.jpg
DSCN65470009.jpg

 ふれあいの駅では今年も大根炊きのもてなしがありました。私も一椀いただきましたが、おいしかったです。この竹の器は希望すれば持ち帰る事もできます。またこの日、ふれあいの駅では地元の普賢寺産のお米も販売していました。試食用として1パック200円でした。
DSCN65630011.jpg
DSCN65620010.jpg

道中祈願が無事に終わり、8本の竹を運び出す時は私も担がせてもらいました。私の加わった竹は、背の高い方が多かったのか、肩に乗らず下から支える形で運んだので、ちょっぴり楽でした。
DSCN65640012.jpg

 午後からは、京田辺市北部9条の会が開いた「憲法カフェ」に参加しました。20人ちょっとの参加で、みんなでお茶やお菓子をいただきながら、弁護士の小笠原伸児さんを囲んで、安倍首相が企む憲法9条改悪=9条に自衛隊を明記することの意味や問題点など、普段感じている事やわからない事、「そうだったの?」みたいなことを気軽に出しあうことができました。小笠原さんのお話もわかりやすく具体的で参考になりました。憲法9条を守るためにも、気軽に話し合える場は大切だなと思いましたね。
posted by こうじろう at 18:00| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

府政学習会で京田辺市と府政の関わりを報告

DSCN64910001.jpg

 今日の午後、民主府政の会京田辺綴喜連絡会が呼びかけた府政学習会がありました。私もそこで、京田辺市における京都府政の課題について、約10分間の時間をもらい報告しました。
 私の報告では、国保広域化=都道府県化、北陸新幹線京都南伸計画、中学校給食の3つの課題で京都府政がどういう役割を今後、果たしていくのかが住民にも大きな影響を与えることを示して、国政で安倍内閣、自民・公明が進める悪政をそのまま持ち込むのではなく、住民の暮らしを守る立場に立って府政を進めることができる知事を実現しようと訴えました。

 全体のメイン講師は、京都民主府政の会の事務局長をされている森さんで、京都府政全般の課題などをわかりやすく訴えられました。そしてその中で、一部の新聞でも報道されている、弁護士の福山和人さんが今日の夕方、自身が京都府知事選に立候補を表明する記者会見を開かれることも紹介されました。

 森さんは、2015年の戦争法反対の運動の中で福山和人さんが弁護士として、広範な市民や野党の共同の広がりをつくるために積極的な役割を果たされたことも紹介し、民主府政の会として福山さんを支援していくことも話されました。

 知事選挙に向けた取り組みでは、3月3日(土)に午後2時から、文化パルク城陽で京都南部を対象にした府民大集会が予定されています。知事選挙は投票日まででも、あと2ヶ月を切りました。憲法にもとづき、住民の暮らしを守る新しい京都府政を、福山さんと一緒につくっていくためにがんばります。
DSCN64990001.jpg
posted by こうじろう at 18:02| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする