2017年10月11日

議会運営委員会の管外視察研修に行ってきました

DSCN53680002.jpg

 昨日、今日と議会運営委員会の管外視察研修で、滋賀県長浜市と岐阜県可児市を訪問しました。長浜市では同市議会の「議会改革の取り組み」と「議会業務継続計画(BCP=災害時の議会の行動計画)」をテーマに、岐阜県可児市では、「議会報告会。地域課題懇談会。」をテーマにして、それぞれ先方の議員の方から、丁寧で熱意のこもった説明を聞かせていただき、研修してきました。

 上の写真は長浜市での研修の様子で、ここではBCPに関して、今年8月の台風5号により姉川が氾濫するという災害に見舞われており、その時の議会の活動について、議長の方からリアルで具体的な様子をお聞きすることができました。生々しいお話でもあり、単に災害発生時の議会の役割、行動ということでなく、「議会業務継続計画」とされていることの意味がよくわかるお話でした。

 可児市では議会改革の取り組みを熱心に紹介していただきました。議会報告会の取り組みだけでなく、議会活動の全般的な改革の取り組みを聞かせていただくことができ、それを支える議員の方々の熱心さがよくわかり、大いに見習う必要があると思いました。

 下の写真は可児市の庁舎5階にある議会スペースの入り口、エレベーターを降りてすぐのところにある、同市議会の多彩な活動を紹介している展示パネルで、その上には「市民に信頼される議会を目指して」と掲げてあります。
DSCN53900003.jpg

 いずれの市議会でも学ぶべきところの多い視察でした。総選挙も始まって忙しい最中でしたが、しっかり身につけていきたいと思います。これらの視察の内容などについては、改めてここでも紹介したいと思います。
DSCN53610001.jpg

 昨日から総選挙が始まりました。公示日の朝はいつも地域の日本共産党後援会の人と一緒に、公営掲示板のポスター貼りをしていますが、昨日は視察の出発時間との関係で私はポスター貼りはできませんでした。
 代わりに市役所でかみじょう亮一個人演説会の届け出などの手続きをしていましたが、それを終えた時に、市役所前の公営掲示板にはすでにかみじょう亮一京都6区候補のポスターが貼ってありました。

 かみじょう亮一候補の京田辺市での個人演説会は10月18日(水)夜7時半から、京田辺市中央公民館で開催します。ここには日本共産党副委員長の田村智子参院議員も応援に駆けつける予定です。多くの方にご参加いただけたらと思います。
posted by こうじろう at 21:28| Comment(0) | 議会の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

憲法を守ろうと共同宣伝

DSCN53460001.jpg

 今日のお昼、新田辺駅西口で「戦争する国づくりを許さない」意見広告実行委員会のみなさんが呼びかけられた、憲法を守ろうという共同宣伝行動がありました。安倍内閣が戦争法を強行しようとしていた2015年夏にも、同実行委員会が呼びかけ2回ほど行なわれている共同宣伝です。15年のときは京田辺市議会で戦争法案の慎重審議を求める意見書に賛成した議員全員に参加案内をされていましたが、今回も同様に案内をされています。

 日本共産党議員団からは私をはじめ、私用の入っていた西畑議員以外の4人が参加しました。またたまたま京田辺市で午前中に宣伝行動などをしていたかみじょう亮一京都6区予定候補も、最初に飛び入りで参加しています。

 共同宣伝では参加者がそれぞれマイクをにぎって思いを訴えます。私もマイクをにぎって、安倍内閣が行ってきた憲法は会の暴走は許せない、市民と野党の共同の力でアベ政治を終わらせようと訴えさせてもらいました。
DSCN53580002.jpg

 憲法9条改悪に反対する署名も取り組まれ、通りすがりに協力してくれる方もけっこういました。憲法を守ろう、戦争する国づくりを許さないという一致点での共同を大きく広げる事が今ほど重要な時はないだけに、大きな意義のある宣伝行動になったと思います。

 明日からいよいよ総選挙が公示されます。ただ私は明日、明後日と議会運営委員会の管外視察研修で一泊二日の日程で、滋賀県長浜市と岐阜県可児市を訪問します。8月から決まっていた日程なので仕方ありませんが、議会運営や市民に開かれた議会づくりについてしっかり勉強したいと思います。なので明日の更新はお休みします。
posted by こうじろう at 17:03| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

大門参院議員を向かえ街頭演説

DSCN53400003.jpg

 今日は午後2時15分から新田辺駅西口で、大門みきし参院議員、かみじょう亮一京都6区予定候補がそろって訴える街頭演説に取り組みました。この2,3日の涼しさがウソのような強い日差しが照りつける下でしたが、2時からの街頭宣伝にも大勢の地域の日本共産党後援会のみなさんが参加されて、総選挙直前に向けて元気の出る演説会になりました。

 後援会の人の参加もあってけっこう目立った街頭演説になったようです。私は司会をしたので大門さん、かみじょうさんと並んでいましたが、見ていると通りすがりに立ち止まって演説を聴いてくださる方も少なくありませんでした。
 公示直前の連休ということもあり、大門さんとかみじょうさんの日程がかなり詰まっていて、街頭演説そのものは20分程度で終わり、二人はすぐに次の街頭演説に移動していきましたが、その中でもかみじょうさんを励ましてくれる方もいました。

 宣伝では昨日届いたばかりの日本共産党の新しいプラスターも登場しました。下の写真がそのプラスターですが、今回のはかなり大きなサイズでこれまでのサイズの2倍くらいあります。よく目立つのですが、小柄な方だと身体をすっぽり隠すくらいで、なんだか忍者の隠し身の術みたいですね。
DSCN53250001.jpg
DSCN53260002.jpg
posted by こうじろう at 21:24| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

ぶれずにがんばる日本共産党への期待と激励

 今日は京田辺市内の保育園は運動会の予定で私も地元の松井ヶ丘保育園の運動会に案内をいただいていました。昨日の天気予報では夜中には雨があがるようになっていましたが、朝になっても、運動会の開始時刻になっても雨が降り続き中止になってしまいました。保育園の運動会なので毎年、大勢の保護者が参観に訪れています。保育園としては何とか今日、開催しようと努力されていたようですが、こればっかりはなんとも仕方ないですね。

 雨天の場合は10日に延期する事にはなっていますが、平日なので保護者にとっては参観しにくいでしょうし、子ども達にとっても元気な姿を見せられなくて残念です。

  私も運動会の後にいろいろと行動の予定をたてていて、「雨が降ったら嫌だなあ」と思っていましたが、11時前くらいには雨が何とか上がり、日本共産党の後援会ニュースを配る事ができました。できるだけ声をかけて配るようにしており、その中で「がんばって。6区の元民進党の前職はに行ってしまったが、枝野さんはよく決断したと思う。共産党も一緒にやっていってほしい。」という声や、「今度の選挙は大変ですね。みなこの先どうなるのかわからない。いろいろと変わっているからあてにならない。」と言われる方もいて、その方には「主張をくるくる変える政党が多いですけど、共産党は憲法と暮らしを守り、国民のための政治をぶれずにめざしています」と訴えると、「そうですね、その点、共産党は一貫して筋を通してますね。がんばってください。」と励まされました。

 夜は地元の京建労のみなさんの分会集会にお邪魔させていただき、あいさつをさせて頂きました。ここでは「今度の総選挙は、憲法改悪を目指す自民党・公明党と維新の会、希望の党などその補完勢力と、憲法を守り戦争する国づくりを許さない市民と野党の対決という形がはっきりしてきました。京田辺市の9月議会では、保育所の待機児解消を願う市民のみなさんと運動と日本共産党の取り組みが力あわせる中で、請願の採択や保育施設の拡充など市政と議会を動かしています。国政でも、憲法間漏れの市民と野党の共同の力で新しい政治をつくりましょう」と訴えさせていただきました。

 急な総選挙で投票日まであと2週間しかありません。一日一日を大事に全力でがんばります。
posted by こうじろう at 22:09| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

待機児対策の具体化へ臨時議会を開催

 今日は午後から議会運営委員会があり、10月13日から臨時議会を開くことが決まりました。先週に9月議会の閉会本会議があったばかりですが、市当局から、9月議会で可決した補正予算にある保育施設整備の用地取得の執行に議会の承認を得るため臨時議会を開催したいと説明がありました。

 議会運営委員会の冒頭に市長から「就学前児童の急増が続いており、保育施設の整備を急ぐために用地取得や、補正予算案を提案したい。」と説明がありました。
 通常なら12月定例議会まで待ってからになりますが、2019年4月開設で新たに2つの保育施設、200人規模の幼保連携型認定子ども園と70人規模の認可保育園を開設するためには12月議会では間に合わないということのようです。

 また保育施設のための用地取得の他に、今年度当初に予定していた既存の保育所の改修計画を手直しするための補正予算案も計上されました。市中部にある河原保育所にプレハブの仮設園舎を建てる計画を取りやめて、替わりに市南部の三山木保育所の内部を改修して新たに2つの保育室を整備して、来年4月より保育定員を69人、増加させるというものです。元の計画では54人の定員増でしたからやや保育定員の増加につながります。

 いずれも保育所の待機児解消を求める保護者、市民の声と運動が市政を動かしていることを感じさせるものです。9月議会では請願も採択されており、市当局も早急に具体的な取り組みを進める必要があると判断したのではないかと思います。これらの取り組みが中身もより良い、充実した保育を保障するものとなるように議会でもしっかり議論していきます。

 この他に総選挙費用を処理した補正予算の専決処分の承認案件があります。衆議院解散の翌日、9月29日に京田辺市での総選挙にかかわる費用2650万円が補正予算に計上され、市長により決裁されていますがその承認です。
DSCN53180001.jpg

 総選挙の取り組みでは、今日は日本共産党京都府委員会の大型宣伝カーが京田辺市に入ってきて1ヶ所ですが、街頭演説を行いました。弁護士の杉山潔志さんが応援に来てくださり、一緒に訴えをさせていただきました。雨の中ですが、地域の皆さんが十数名くらい聞きに来てくれて励まされました。
posted by こうじろう at 17:42| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする