2017年08月09日

ツバメのヒナの巣替わり?

 8月4日の記事で松井山手駅のツバメの雛が4羽から3羽になった事を紹介しました。その翌日、8月5日の土曜日、所用で午後から大阪へ行き夜に帰ってきたのですが、なんと!いつも見ていたツバメの巣の雛が5羽に増えていました!慌てて自宅へカメラを取りにいって撮ったのが下の写真です。
DSCN48220001.jpg

 1羽、後ろを向いていますが巣の中に5羽の雛がいて、カメラの上に親ツバメが1羽います。これまで日がたつに連れて雛の数が減っていましたが、増えたのは初めてでびっくりしました。金曜の朝には確かに3羽しかいなかったし、元々も4羽だった雛がなぜ増えたのでしょうか。

 松井山手駅には、いつも紹介してきた改札の外の防犯カメラの上にある巣の他にも、改札の中の駅舎にも別のツバメの巣があります。前は改札を少し入ってホームへ下りる階段の天井部の隅にあったのですが、2順目に入ってから改札を入ってすぐにある防犯カメラの接続部のところに新しい巣ができています。

 5日の午後に大阪に行く際にその巣を見ると、外よりも少し大きくなった雛が4羽、そこにいました。その時は「こっちの方がよく育ってるな、先に巣立つかな」と思っていたのでしたが、夜に帰ってきた時にその巣を見ると雛は2羽に減っていました。「あれ、もう巣立ったのか?」と不思議に思いながら、改札を出ていつもの巣を見に行くと、そちらには5羽の雛がいました。

 二つのツバメの巣は直線距離にして十数メートルと近くにあります。一方の巣で雛が4羽から2羽に減り、もう一方の巣では3羽から5羽に増えた。これってひょっとして、2羽の雛が飛んでいったということでしょうか。昼間見たときには、巣立ちが近そうなくらいに育っていたのでそのくらいの距離なら、よたよたとでも飛んでいけそうです。

 いずれにせよ金曜朝には3羽しかいなかった雛が、土曜の夜には5羽に増えたのですから、2羽はどこかから来たとしか思えません。もしかしたら、改札外で最初に4羽いた雛のうち、いなくなった1羽も巣立ったのではなく、改札内の巣へ飛んで行っただけで、それが今度は改札内の巣から1羽つれて帰ってきたのかもしれないですね。

 雛が増えるというのはかなり大きな出来事だと思いますが、親ツバメはさして気にする風もなく巣のすぐ横で休んでいました。一つつがいのツバメが二つの巣をつくっているのかというとそうではなく、この時も改札内の巣の親ツバメはつがいで巣のすぐそばに止まって休んでいて、改札外の巣の方ももう1羽の親ツバメは少し離れた駅舎の天井近くの桟に止まっていました。
DSCN48400001.jpg

 その翌日、6日の日曜日の朝、市役所前の平和のつどいの帰りに松井山手駅に寄って巣を見ると、今度は雛は3羽になっていました。
DSCN48750001.jpg

 上の写真は昨日の朝、松井山手駅で定例の早朝宣伝をした際に撮ったもので、この時には雛は2羽になっていました。この時に、改札口から改札内の巣を見たら、遠くてはっきりと確認できなかったですが、そちらの巣にはもう雛はいないようです。

 土曜の夜以降、少し気になってちょくちょく松井山手駅に寄って改札外の巣を見ていたのですが、今日まで雛が増えたのはその時だけで、仮に雛が他の巣へ飛んでいっているとしても、滅多にあることではなさそうです。

 最後に昨日の夜に松井山手駅に寄った際に、つがいの親ツバメと2羽の雛の一家がそろって巣のところにいる写真が撮れました。雛が生まれてからは、親ツバメがそろって巣にいることはほとんどなかったのですが、珍しいですね。両端にいるのが親ツバメで、真ん中の2羽が雛です。雛はくちばしが黄色いですから区別がつきますが、身体も大きくなっており巣立ちは間近そうですね。
DSCN49090001.jpg
posted by こうじろう at 18:30| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

京田辺市平和展を見学〜核禁止条約に触れた長崎市長メッセージ

DSCN48960002.jpg

 京田辺市では8月6日から11日まで、「2017年度京田辺市平和展」を市役所前のコミュニティホールで開催しています。時間は午前10時から午後4時までです。昨日は台風接近のため中止になっていましたが、私も今日の午前中に見てきました。
DSCN48980003.jpg

 今年は「沖縄戦」のパネル展示や、7月下旬の市内小中学生ひろしま訪問事業の展示、平和書道展などがされています。京田辺市も加盟している「平和首長会議」のコーナーもありました。

 また毎年8月に開かれている京田辺市の平和のつどい、今年は8月11日(金)午前9時半〜11時半に京田辺市中央公民館で開催されますが、そこに寄せられた沖縄県知事、広島市長、長崎市長からのメッセージもそれぞれ掲示されています。
DSCN48880001.jpg

 長崎市の田上富久市長から寄せられたメッセージには、7月に実現した核兵器禁止条約に触れて、
「今年7月7日、被爆者や志を同じくする人々の長年の願いが実を結び、国連本部で、核兵器を違法とする『核兵器禁止条約』が誕生しました。これは核兵器廃絶に向けた歴史に新たな1ページが記された瞬間でした。
 しかし、核兵器を持つ国や核の傘の下にいる国々はこの条約に反対しており、即刻核兵器が廃絶されるわけではありません。
 ようやく生まれたこの条約を活かし、『核兵器のない世界』の実現に向けて前進していくためには、私たち一人ひとりができることは何かを考え、一歩を踏み出す事が重要です。」とありました。
 核兵器禁止に向けた新しい動きが始まっていることを感じさせ、力づけられます。

 ぜひ多くの方に平和展をご覧いただき、8月11日の京田辺市の平和のつどいにもご参加いただけたらと思います。(京田辺市平和のつどいの案内は市HPのコチラにあります)

 平和展を見学した後に、市の安心まちづくり室に昨日の台風5号による被害の有無を確認しました。幸いな事に京田辺市では人的被害や道路等も含めて特に被害はなかったようです。
posted by こうじろう at 16:33| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

台風5号接近で避難所を開設

DSCN48690001.jpg

 台風5号により京田辺市でも今日の午前中から大雨、暴風警報が出されていました。雨は一日中、降り続いていましたが、日中はそれほど強くはありませんでした。しかし夕方から雨が強くなりだし、午後6時半には京田辺市から「避難準備・高齢者等避難開始発令」が出されました。そのお知らせは京田辺市HPのコチラにあります。

 土砂災害の恐れが高まったとして、土砂災害を警戒する必要のある市内24地区を対象に、その避難所となる小学校などが8つの避難所が開設されています。
 私は夕方から所用で京都市へ出かけていて市の防災メールで避難所開設を知り、京田辺市に帰ってきた夜8時くらいに、地元の松井ヶ丘小学校体育館でも避難所が開設されたので様子を見てきました。

 市職員の方が3名ほど待機されており、その時点ではまだ誰も避難はされていないようです。職員の方にお聞きすると、雨の方は夜半にはおさまりそうですが土砂災害は雨があがってからもしばらくは警戒が必要なので、避難所も雨が上がっても市の災害警戒本部から連絡があるまでは開設しているとのことです。

 何事もないのが一番ですが、万が一に備えて避難所を準備しておく事は大切だと思いますし、そのために奮闘されている職員の方には頭が下がります。
DSCN48700002.jpg

 なおこれらの避難所とは別に午前中から自主的な避難所となる一時避難所も開設されているとの事です。
posted by こうじろう at 21:03| Comment(0) | 議会の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

市民の平和のつどい。全国小学生ハンドボール大会で男子・桃園HBCが優勝。

DSCN48360001.jpg

 広島への原爆投下から72年たった8月6日の朝、今年も京田辺市役所前広場にある、原爆瓦を納めた平和の塔の前で、市民有志による平和のつどいが開かれました。今年は25名の方が参加され、それぞれの思いを発言されました。今年はやはり国連会議で核兵器禁止条約が採択された事に触れられた方が多かったです。

 そして8時15分にはラジオから流れる広島市の平和祈念式典の鐘の音にあわせて全員で黙祷をささげました。地道な取り組みですが、粘り強く続けられてきたこれらの取り組みが今、国際政治を動かす大きな力の一つの構成要素にもなっているのだと思います。
DSCN48500002.jpg

 午後からは第30回全国小学生ハンドボール記念大会の閉会式に出席しました。京田辺市から出場した男女4チームは、男子で桃園ハンドボールクラブが優勝しました。桃園HBCは準決勝は1点差の逃げ切り勝利、決勝戦は2点差で逆転勝利と接戦を制しての優勝でした。

 他の男子・松井ヶ丘小、女子・田辺小済美館、松井ヶ丘小、の3チームもいずれもベスト8に進出する健闘でした。特に田辺小済美館は、準々決勝で優勝した十三ジュニアハンドボールクラブ(富山県)を相手に1点差で惜敗する大健闘でした。
 会場には手書きのトーナメント表があったので、その写真を紹介しておきます。また大会特設HPのコチラにも、すべての試合結果が記録されたトーナメント表が掲載されています。
DSCN48600004.jpg
DSCN48590003.jpg
posted by こうじろう at 17:55| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

防災広場設置のための土地取得

 6月議会の総務常任委員会では、防災広場設置のための土地取得議案について審議がありました。防災広場は17年度市予算で設置が示されたもので、場所は京奈和道田辺西インターのすぐ西隣辺りになります。市当局から設置予定地を確定したことに伴う用地取得です。

 日本共産党からは西畑議員が「何故この場所で防災広場なのか。面積の算定方法、根拠は、国の基準などの具体的内訳は。整備スケジュールや全体の費用は。」と質疑し、市当局から「市の中央部で交通の便が良いところで選定した。京奈和道で府の防災拠点である山城運動公園とも直結している。災害備蓄倉庫や災害時の応急復旧の活動拠点として計画している。防災用地には国の面積基準があり、自衛隊の宿営地で15000平方メートル、消防隊で3000平方メートル、警察で1000平方メートル、大型へリポートで10000平方メートル、備蓄倉庫に1000平方メートル、駐車場100台分4000平方メートル、集積場1000平方メートル、ボランティア拠点などでノリ面を入れて約5ヘクタール。事業スケジュールは17年度用地取得、18年度詳細設計、19年度から造成で21年度までに進入道路をつくり、22〜23年度に完成、23年度から供用開始で、平時はスポーツ、レクレーションなどの広場として利用できるようにする。工事費は来年度に詳細設計するので決まっていない。」と説明がありました。

 予定地は、京田辺市と枚方市が共同で新たに建設する新ゴミ焼却場予定地のすぐ東隣でもあり、その建設工事ででる土を盛土材として利用する計画もあり、事業費などはそれらによっても変わってくると思います。

 場所的には京奈和道と国道307号との交差部分のすぐ近くで、市の中心に近いところではありますが、費用や効果などを含めて他の場所との比較検討をもう少ししても良かったのではないかと思います。
posted by こうじろう at 11:53| Comment(0) | 市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする