2017年05月15日

臨時議会を開会。今度は総務常任委員長に。

DSCN41470001.jpg

 今日は一日、臨時議会があり、正副議長選挙や各常任委員会の新たな選出が行われました。新たな議長には一新会の奥西伊佐男議員が選ばれ、副議長にはみらい京田辺の米澤修司議員が選ばれました。

 なお議長が交代したことから、議場内の議席も少し変更がありました。会派ごとの位置は大きな変更はないですが、実は3月末に無会派だった喜多和彦議員が一新会に所属することになり、一新会が7人となったことから一つずれる形で個々の議席が移動しました。

 私の議席はこれまで12番でしたが一つ隣の11番になります。一番上の写真は移動後の議席から撮ったものですが、一つずれただけなので余り変わりはないですね。

 常任委員会の構成換えでは、私はこれまでの文教福祉常任委員会から、今度は総務常任委員会に変わり、総務常任委員長に選出されました。総務常任委員会には直近の2年間以外の8年ほど所属していたので復帰になります。
 また議会運営委員にも選出され議会運営委員会では前期に続いて副委員長を務めることになりました。

 日本共産党議員団としては他に増富理津子議員が文教福祉常任委員長に選ばれた他、岡本亮一議員が京都府後期高齢者医療広域連合議会議員に、西畑利彦議員が枚方京田辺環境施設組合議会議員にそれぞれ選出されました。

 京都府後期高齢者医療広域連合議会議員は府下の市町村議会から1名ずつ選ばれているものです。枚方京田辺環境施設組合議会議員は京田辺市議会からは5名選ばれ、日本共産党からは前期は私がつとめていましたが西畑議員に交代します。
 他の役職も色々と変化があり、残る2年間の任期はこの体制でいくことになります。

 今日の臨時議会は新たな役員選出などが中心ですが、議員同士の話し合いで委員長などを選出し、正式に決まった時点で委員長名での報告書を作成するので、合間合間に休憩が入ります。また役員選挙などもあるので時間がかかり、10時に始まりすべて終了したのは夕方6時半前でした。
DSCN41450001.jpg

 今日の本会議もインターネット中継されていますが、休憩の合間はさる4月22日に開かれた京田辺市議会主催の議会報告会の時の様子とお礼の言葉を入れた、上のような写真(議場内のディスプレイを撮ったものです)が表示されていました。
posted by こうじろう at 18:50| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

2017年度京田辺市水防訓練

DSCN41310001.jpg

 今日の午前中、市南部の木津川河川敷で2017年度京田辺市水防訓練が行なわれ、大勢の消防団員や各地域の自主防災会のみなさんが参加されました。上の写真は、自主防災会のみなさんが土のう積みの基本となる「積み土のう工法」の訓練をされているところです。昨日の午前中までけっこう強い雨が降っていたので泥まみれになるかと心配していたのですが、そんなことはなく、朝のうちは気温もそれほど上がらず訓練にはちょうど良い天気でした。

 水防訓練は、累積雨量300mmに達し、さらに一時間あたり70mmという強い雨が続いたことから、京田辺市の災害警戒本部を設置し、パトロールの中で木津川の堤防から「漏水」の恐れがあり「災害対策本部」に格上げするという設定で始まります。
 一時間50mmの雨というとかなり激しく強い雨ですが、京田辺市でも去年の夏に2時間くらいそういう雨が続いたことがあります。それが6時間続くと累積雨量300mmになり、なお雨足が強くなってきたという感じでしょうか。

 訓練では来賓のあいさつもありますが、京都府山城土木事務所の方があいさつで5年前に宇治市で河川決壊による大きな被害が出た豪雨災害では3時間で180mmだったそうです。強く激しい雨が2〜3時間続いたら、十分注意する必要がありますね。
DSCN41370002.jpg

 水防の基本は土のうになります。上の写真で土のう袋の上三分の一くらいのところに黒い線がありますが、あの線が袋に土を入れる際の目安になります。袋いっぱいまで土を入れるとかなり重くなって運ぶのが大変です。ただ今日の訓練でも一つ袋を持ってみましたが、昨日の雨の影響で土にまだ水分が残っているのでかなり重かったです。

 ちなみに京田辺市の各所にある水防倉庫には土を入れた土のうが約2千個、常備されているそうです。今日の水防訓練では3種類の工法で全部で700個くらいの土のうを使用をしているそうです。土のうを積む高さにもよりますが、2千個といえば100〜200m位の長さになるのかなと思います。

 消防署の方にお聞きすると、土入り以外の土のう袋も用意されているそうで、土のうが足りなくなれば雨が降っていようと現地で土を見つけて詰めることになるそうです。ただその場合は、大雨の中での作業になるので、土がかなりの水をすって相当重くなるとのことでした。

 また土のうを積む工法もいろいろなやり方がありますが、実際には現場の状況を見てやるとのことで、時には杭を打ち込んで土のうを固定する方法だと返って杭によって堤防が崩れることもあるそうです。そういうことの勉強になる水防訓練でした。
posted by こうじろう at 14:42| Comment(0) | 議会の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

京田辺市制20周年記念式典

DSCN41170004.jpg

 今日の午前中、田辺町から人口増によって今の京田辺市に移行してから20周年を迎えた「市制20周年記念式典」が開かれました。記念行事では市庁舎2階ロビーに大きく飾られている壁画「光ふるまち田辺」の作者である絹谷幸二さんの講演もありました。
DSCN40990001.jpg

 上の写真は会場にも飾られていた壁画のレプリカですが、私はてっきりこれは市庁舎が完成した後で運び込まれて据え置かれたものだと思っていました。ところがそうではなく市庁舎建設工事の終盤、今から30年以上前の1985年暮れから86年2月にかけて、市庁舎2階で製作されたそうです。86年4月に新庁舎移転の計画だから建物の大枠は完成していたようですが、2階部分は窓ガラスなどが入っていなくて吹きっさらしの中で描かれたそうです。

 何でもルネッサンス期にミケランジェロなどが当時の教会などに用いたとの同じ技法ヴォンアフレスコという手法で描かれており、壁そのものであるとともに描かれた当時の色彩を今も失うことなく保っているそうです。明後日、市役所へ行ったときに改めてじっくり見てみようと思います。

 また記念式典では、市制20周年記念特別表彰も行なわれ、私も議員在職10年ということから行政功労表彰を受けました。私が議員に初当選したのは2003年ですが途中、1回休みがあるのでまだ在職10年です。議員としてやっと10年たちましたが、まだまだこれからも市民のための市政を目指してがんばります。

 会場には20周年を記念して市が取り組んできたもののパネルがいくつか表示されていました。下の写真は4月1日の100日前から市のホームページやフェイスブックなどで掲載された京田辺市ゆかりの人たちによるカウントダウンの一覧です。意外な人たちが登場したりしていて一覧の中から探すのも楽しそうですね。なおこのカウントダウンは市ホームページのコチラ、市フェイスブックのコチラからご覧になれます。
DSCN41010002.jpg

 下の写真は京田辺市内の各所の34年前と現在の写真を並べたパネル展示です。見ていると懐かしいと思うものもあれば、あまりの変わりようにびっくりするものもあります。こちらの方はYouTubeのコチラで6分間の動画にまとめられています。
DSCN41020003.jpg
posted by こうじろう at 18:29| Comment(0) | 議会の外で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

ツバメの抱卵開始?

DSCN40920001.jpg

 今朝は地元の松井山手駅で定例の早朝宣伝でした。宣伝をしながらツバメの巣を時々見ていました。連休明けの早朝宣伝の時は、周囲を飛び回っているのか、ほとんど巣でツバメを見かけませんでした。

 それが今朝は時おり、2羽とも巣を空けることがあるものの、それもせいぜい10分間くらいで、1時間の宣伝の間の大半はどちらかのツバメが上の写真のように巣にこもっていました。

 ひょっとしたらもう卵を産んで抱卵に入っているのかもしれないですね。宣伝の合間合間に眺めていると、1羽が巣にこもっている時にもう1羽が飛んできて端の方に止まって待っているようで、巣にこもるのも代わる代わるしているようです。

 面白いのはどちらがオスかメスかはわかりませんが、巣でこもっている時の向きがほぼ、180度違うことです。一番上の写真が改札口のほうを向いて巣にこもっているツバメで、こちらのは巣にこもっていても割りとちょこちょこ動いています。そして動く割には身体の向きを大きく変えることはなく、大体は改札口のある方を向いています。
DSCN40930002.jpg

 上の写真はもう1羽の方のツバメ(だと思います)が巣にこもっている時で、こちらのツバメは大体は壁の方を向いていて、こちらの方はどちらかというと巣にいる時は余り動かずにいますね。そして運がよければ、この状態から巣に入っている方のツバメが飛んでいき、端に止まっているツバメが巣に入っていく様子も見れます。

 今は巣作りしていた時と比べれば、巣の出入りは減っていますがそれでも5分おきくらいにはどちらかのツバメが出入りしています。しばらくは定例の早朝宣伝の度にツバメの様子を観察するのが楽しみになりそうです。
posted by こうじろう at 20:30| Comment(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

今日も精華町議選・松田たかえ候補の応援へ

DSCN40830001.jpg

 今日も午後遅めからですが精華町議選に立候補した松田たかえ候補の応援に行ってきました。今日は松田候補が候補者カーを下りている間、代理の弁士として街頭から松田候補への支持を訴えました。

 最初に安倍首相が5/3の新聞インタビューで2020年までに憲法を改正し自衛隊を憲法に記入する意志を表明しながら、連休後の国会で野党から追及されると「自民党総裁」と「首相」としての立場を使い分けてまともに議論すらしようとしない姿勢をとっていることに対し、「もはや独裁政治ともいえる安倍内閣の暴走を止めさせるために、幅広い市民、団体、政党と共同して憲法守れ、日本を戦争する国にするなとがんばる日本共産党を伸ばして、大激戦の町議選でも松田候補をはじめ日本共産党を再び4議席に。」と訴えました。

 続いて16年前の町議選で精華町初の女性町議となった松田候補の実績などを紹介し、精華町でもこれから@中学校給食の一日も早い実現、A府内でも2番目に高い国保税の引き下げ、B公共交通の改善、充実を始め安心して暮らせるまちづくりを進める、という公約を紹介して、松田候補への支持を訴えました。

 なお精華町議選で発行したビラや政策などを紹介している「日本共産党2017精華町議選特設サイト」もありますのでそちらもご覧ください。
posted by こうじろう at 20:20| Comment(0) | 日常の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする